生命理学科

東京

分子生物学、生物化学、分子細胞生物学といった切り口から、生命現象のメカニズムの解明に取り組む。

募集人数 72
初年度納入金 183.15 万円(入学金含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

立教大学 理学部 生命理学科の特長

さまざまな生命現象に迫り、未知の課題に応える力を身につける

基礎をより大切にした生命へのアプローチを目指します。それは目先の応用ではなく、DNAやRNA、タンパク質といった分子科学に基づく理学として、「分子生物学」「生物化学」「分子細胞生物学」の3つの立場から多面的に捉え、生命現象を理解していくというものです。

生命理学への動機づけから最先端の知識までステップアップする専門科目

1)生命理学への動機づけ、前提となる基礎知識の修得(1年次)。2)生命理学に関する幅広い知識、研究手法の修得(2年次以降)。3 )先端知識の修得、高度なスキルと問題解決能力の養成(3年次から)。4年次には研究室に所属し卒業研究に取り組み、就職や大学院進学にも対応できる高い能力を身につけます。

生命理学ゼミナール1:4年間をともに過ごす仲間と生命理学の基礎を理解

同じ学期に行われる「生命理学基礎実験」の中からいくつかのテーマを選び、それぞれについて実験前に原理、手法、注意すべき点を学び、演習を行います。生命理学の基本的事項を15~20名の少人数クラスで詳しく学んで大学での学び方を身につけ、ともに学ぶ仲間をつくります。

生命理学科と現代心理学部心理学科が中心で行う文理融合研究「インクルーシブ・アカデミクス」

文理融合研究「インクルーシブ・アカデミクス―生き物とこころの『健やかさと多様性』に関する包摂的研究」は、2016年度の私立大学研究ブランディング事業に選定されています。「生命科学」と「心理学」の2分野を結び付けた研究とその成果は、多様な価値を認め、新たな価値を創出する研究力を表しています。

バイオ関連企業から金融・保険関連まで。大学院進学者も多い

バイオ関連と情報サービス関係の企業が多く、銀行や保険会社にも就職しています。大学院進学者は約35%を超え、立教大学大学院はもとより、東京大、京都大、東京医科歯科大、大阪大など他大学院へも進学しています。

立教大学 理学部 生命理学科の入試情報

立教大学 理学部 生命理学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東日本電信電話、日立システムズ、アクセンチュア、キヤノンマーケティングジャパン、東京都特別区、日立ソリューションズ、パナソニック システムソリューションズ ジャパン、エヌ・ティ・ティ・データ、シンプレクス、NECソリューションイノベータ、都築電気

立教大学 理学部 生命理学科の問合せ先

立教大学 理学部 生命理学科お問い合わせはこちらへ

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL 03-3985-2660

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。