地球環境科学部

埼玉

人、社会、自然環境を科学し、探究する力を身につけ、環境問題の解決に貢献する

募集人数:230

学科・コース名 募集人数
環境システム学科 115
地理学科 115

立正大学 地球環境科学部の特長

地理学科

地図に関する講義や実習が数多く開講されており、測量や空中写真判読をはじめ、地理情報システムなどの専門的な技術の修得が可能です。また、「まちづくり」「観光」「環境保全」「防災」「水環境」などの視点から、地域の特性や課題を探究する力を身につけることができます。そのためのフィールドワークは1年次から開設され、日本国内のほか、アメリカやヨーロッパなどの海外でも実施されています。

環境システム学科

生物や地形・地質、環境情報を中心に学ぶ「生物・地球コース」と、気象や水、環境情報を中心に学ぶ「気象・水文コース」の2つのコースを設置。地球環境の諸問題を正しく理解する能力を養うため、学びたい分野を基礎から専門へと段階的に学修すると同時に、関連分野を広く学べます。今や環境科学に不可欠な情報技術の修得や、実践的なフィールドワークの機会も豊富に用意されています。

海外調査法およびフィールドワーク(地理学科)

国際理解を深め、広い視野を身につける力を養います。過去3年はスイスや中国にて10日間のフィールドワークを実施しました。

気候・気象学(環境システム学科)

大気の状態を表す変数(気温・風・気圧・湿度など)とそれらを支配する法則を学び、大気中の様々な現象がなぜ、どのようなときに起こるのか考察できる能力を養います。

取得できる資格

【地理学科】 中学校教諭一種免許状(社会)〈国〉、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)〈国〉、測量士補〈国〉、学芸員〈国〉、司書〈国〉、GIS学術士、地域調査士 【環境システム学科】 中学校教諭一種免許状(理科)〈国〉、高等学校教諭一種免許状(理科・情報)〈国〉、測量士補〈国〉、学芸員〈国〉、司書〈国〉、GIS学術士、自然再生士補

目標とする資格

下記の資格取得のために役立つ科目が用意されています(資格取得には認定試験に合格する必要があります)。 気象予報士〈国〉、情報処理技術者能力認定試験、技術士補〈国〉、公害防止管理者〈国〉、土地家屋調査士〈国〉、総合旅行業務取扱管理者〈国〉など

地球環境科学部

人間と社会・自然との関わりをひも解く地理学科と、地球環境の諸問題を科学する環境システム学科からなる、文理融合型の学部です。

大学院

<地球環境科学研究科>地理空間システム学専攻、環境システム学専攻

立正大学 地球環境科学部の入試情報

立正大学 地球環境科学部の問合せ先

立正大学 地球環境科学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700
03-3492-6649 (入試センター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。