龍谷大学

  • 2,656人が検討中

知能情報メディア課程

滋賀

人とITの共生をテーマに、サイエンスとエンジニアリングを学びます

募集人数 103
初年度納入金 159.56 万円(入学金26万円、第1年次諸会費を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

龍谷大学 先端理工学部 知能情報メディア課程の特長

新しい科学者・技術者に必要な力を4年間で培い、専門性+αの人材を育成

ひとつの専門分野を掘り下げて研究しながら、異なる分野についても広く修学。自ら能動的に考えるアクティブラーニング、インターンシップや海外留学に挑戦しやすいカリキュラム、課題解決能力やアイデア創出能力などの育成プログラムも計画され、「自律的に学ぶ姿勢」や「異分野との融合を推進する力」を身につけます。

「人とITの共生」をテーマに、「理学=サイエンス」と「工学=エンジニアリング」を融合

人と人、社会と人など、何かをつないでこそ「情報」。本課程では、原理・本質を探る理学(サイエンス)とそれを社会に生かす工学(エンジニアリング)を融合させた実践的教育を実施。人主体の視点で情報工学の基礎から応用までを学び、次世代のIT社会を拓く情報メディアの担い手を育成します。

所属課程に捉われず、横断的な学修を可能にする「プログラム」

「プログラム」とは、あるテーマに関連する科目を20単位程度でパッケージ化したもの。例えば「IoT・通信ネットワーク」のプログラムには「半導体デバイス工学」や「知能ロボット」などをパッケージング。今後のニーズや多くの専門分野で必要とされるテーマを自由に選べ、分野横断的かつ主体的に学べる教育システムです。

IT・情報産業のソフトウェア開発者、システムアナリスト、ITコンサルタントへ

人とITの共生をテーマに、サイエンスとエンジニアリングを学び、音響・画像・ゲーム関連企業、ソフトウェア開発者、システムアナリスト、ITコンサル関連企業などでの活躍をめざします。

留学や課外活動への挑戦を促進する、R-Gap期間を設定

3年次の第2クォーター(6~8月頃)には必修科目を置かず、主体的活動を促す期間(R-Gap)を設定。留学・長期インターンシップ・プロジェクトリサーチ、ボランティア活動などに挑戦できます。先端理工学部では、柔軟なカリキュラム編成に対応した、クォーター制(4学期制)とセメスター制(2学期制)を併用するのが特徴です。

龍谷大学 先端理工学部 知能情報メディア課程の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:岩谷瓦斯、京セラ、独立行政法人国立印刷局、ジーエス・ユアサコーポレーション、新明和工業、スズキ、SUBARU、住友重機械工業、東レエンジニアリング、日本電産、ノエビア、日立建機、日立造船、古河AS、村田製作所、ヤンマーホールディングス、YKK AP、大阪瓦斯(大阪ガス)、関西電力、西日本電信電話(NTT西日本)、デンソーテクノ、日立システムズ、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、安藤・間、きんでん、ダイキンエアテクノ、東芝プラントシステム、パナソニック環境エンジニアリング、京都府教育委員会、大阪市教育委員会、京都府警察、アルプス技研、三菱電機エンジニアリング、ヤマハモーターエンジニアリング

龍谷大学 先端理工学部 知能情報メディア課程の問合せ先

龍谷大学 先端理工学部 知能情報メディア課程お問い合わせはこちらへ

〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 入試部
TEL 075-645-7887

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。