医用情報工学科

三重

IT化された医療業界のニーズに応えられる「医療のわかる情報処理技術者」を育成

募集人数 30
初年度納入金 125 万円(内入学金20万円、分納方式あり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鈴鹿医療科学大学 医用工学部 医用情報工学科の特長

医療と情報の専門知識、医療人として必要な豊かな人間性を養います

1年次の導入教育を重視し、「フレッシュマンセミナー」「コンピュータ科学基礎」「インターネット」等の授業を実施。医療人に必要とされる豊かな人間性、柔軟な思考力、幅広い考え方を養います。また、専門科目としてプログラミングはもちろん、医学・医療制度を学び、基礎から応用までしっかり身につけていきます。

医療現場における情報処理・診療情報管理の技術を修得

技術革新が著しいこの分野では、実際の医療現場での実習は社会に出る前の準備として欠かせないもの。医用情報工学科では、三重・愛知・岐阜県内主要病院の協力を得て病院実習を実施しています。最先端の知識を修得できるのはもちろんのこと、医療現場での情報処理の基礎・診療情報管理の基礎を学ぶことが可能です。

病院の「診療情報管理士」の他、医療情報・情報通信関連や医療機器を扱う企業などへ就職

情報工学と医療技術の両面にまたがる学問を修得した同学科の卒業生へのニーズは高く、さまざまな職業分野への就職が可能です。医療情報処理の専門家「診療情報管理士」として医療現場で活躍できる他、システムエンジニア、ソフトウェア開発者として多彩な業種での活躍が強く期待されています。

医療情報に関する知識と、情報工学を駆使できる資格を取得

最適な情報処理技術を活用して医療情報を安全かつ有効に提供する医療情報技師や、診療データの管理を行う診療情報管理士、確かな情報処理技術を持つ国家資格・基本情報技術者試験など、さまざまな資格取得がめざせます。

「医療のわかる情報処理技術者」、「医療分野の情報処理を担う専門家」を育成

今日、医療界ではカルテや診療記録などをデータベース化しており、その膨大なデータの有効な利用方法をアドバイスできる情報処理技術者が求められています。こうしたニーズに応え、医療データだけでなく、診療報酬点数の換算と保存・管理など、より専門的に病院運営にまで携わることができる情報処理の専門家を育成します。

鈴鹿医療科学大学 医用工学部 医用情報工学科の問合せ先

鈴鹿医療科学大学 医用工学部 医用情報工学科お問い合わせはこちらへ

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。