鈴鹿医療科学大学

  • 368人が検討中

臨床検査学専攻

三重

栄養の知識を持ち、医療機関、医療機器業界、教育、行政などでチーム医療の一員として活躍できる臨床検査技師を養成

募集人数 50
初年度納入金 160 万円(内入学金20万円、分納方式あり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 医療栄養学科 臨床検査学専攻 の特長

臨床検査学と栄養学が融合。幅広い視点から考察できる臨床検査技師に

臨床検査学専攻は、医療栄養学科の中に設けられており、必修専門科目として基礎栄養学や臨床栄養学など多くの栄養に関する教科が含まれています。また臨床検査技術はもとより、医学研究や多様化する医療に貢献できる基礎力や応用力を身につけられ、臨床検査学視点と栄養学視点を協調させて思考する能力が身につきます。

医学に関する基礎教養と臨床検査全域にわたる専門知識と技術を修得

生化学、解剖学、生理学、病理学などの医学に関する基礎知識や医療人としての理解を深めるとともに、診断や治療に必要な血液検査、遺伝子検査、微生物検査、病理検査などの「検体検査」、心電図検査、脳波検査、超音波検査などの「生理機能検査」といった臨床検査全域にわたる専門知識と検査技術を修得します。

【例えばこんな授業】各検査の情報を的確に把握する能力も養う「臨床生理検査学」

生理機能検査は、生体からの様々な情報を直接記録・解析する検査。心電図検査、脳波検査、超音波検査など多種多様な項目が含まれ、幅広い知識と技術が必要です。臨床生理検査学では、各検査法の理論や方法のみならず、検査結果と病態の関連についても学び、病気の診断や治療に必要な情報を的確に提供する能力も養います。

臨床検査技師として医療機関に勤務するほか、臨床検査学の知識をベースに検査や開発に携わる

病院の検査室に勤務し各種検査業務に携わるほか、患者さまと直に向き合い、心電図測定、超音波検査などを行うこともあります。また健診センター、保健所や製薬会社などで検査や開発に携わる人もいます。2020年4月より大学院医療科学研究科に「細胞検査士養成コース」が開設。進学してさらに専門性を深める道もあります。

臨床検査技師の国家試験全員合格を目指したきめ細かい指導

卒業すると、臨床検査技師の国家試験受験資格を得られます。4年次には国家試験対策講義および模擬テストを行い、分野別にきめ細かい試験対策を行うなど国家試験全員合格を目指します。
2019年度臨床検査技師(国)合格率96.2%(52名受験)

少人数制クラスで行き届いた教育を展開。先輩や教員ともコミュニケーションが活発

本専攻の1学年定員は50名。少人数のテーラーメイド教育が可能であり、各学年間や教員とのコミュニケーションが活発で、勉学はもとより先端の研究なども身近に学べる環境が整っています。スポーツ大会やバーベキューなど学年をこえたイベントも行われています。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 医療栄養学科 臨床検査学専攻の問合せ先

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 医療栄養学科 臨床検査学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。