放射線技術科学科

三重

病院の放射線科を模した設備での学内実習、実際の医療現場での臨床実習など、即戦力として活躍できる人材を育成

募集人数 100
初年度納入金 161 万円(内入学金20万円、分納方式あり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 放射線技術科学科の特長

医科学、理工学、放射線科学など、基礎から段階的に学びます

まずは「医科学系」「理工学系」「放射線科学系」という専門教育への橋渡しとなる3つの学問系統を修得。その後、それらの知識・技術をベースに、検査・診断・治療に直結する「放射線技術科学」、放射線を取り扱う専門家として不可欠な「放射線安全管理学」の2つの学問系統を段階的に学んでいきます。

X線CTやMRI等の最先端医療機器による実習を重視し、実践力を養います

さまざまな形態の病院を1年次から見学し、医療人としての自覚を養うとともに、放射線科の現場研修によって診療放射線技師としての生き方も学びます。技術を身につけるために必要な実習・撮影の経験を豊富に積み、実践力を高めていきます。

診療放射線技師のほか医療機器を扱う企業への就職や大学院への進学など

卒業後、診療放射線技師や放射線管理者として医療施設にて最新医療機器を駆使して活躍するほか、理工学・医学の両面の知識を持った研究・技術者として企業や大学の研究室、あるいは診療放射線技師養成施設の教育者として今後の医学・医療に貢献することが期待されます。また、本学大学院へ進学することも可能です。

卒業とともに、国家資格である「診療放射線技師」の受験資格が得られます

卒業と同時に受験資格が得られる診療放射線技師。診療放射線技師は、X線CT装置・MRI装置等を操作し、各種の診療画像の作成をしたり、医師の指導のもと放射線を使用した治療を行います。2018年度診療放射線技師<国>合格率は94.4%(107名受験)。さらに放射線取扱主任者<国>の資格取得のための科目も用意しています。

病院の放射線科を模した臨場感あふれる実習環境

学内には、教育専用として各種X線装置、MRI・CT・CRなど画像診断装置を完備。瞬時にデジタル画像を作成できるフラットパネル装置や短時間で精密な検査ができる16列マルチスライスX線CT装置、1.5テスラMRI装置、デジタルマンモグラフィも導入。これらは実際の病院の放射線科内を模したレイアウトで設置しています。

チーム医療の一員として、知性と豊かな人間性を兼ね備えた診療放射線技師を育成

医師の大切なパートナー、またチーム医療のリーダー的存在でもある診療放射線技師。医療界では高度な技術力と専門性に加え、豊かな人間性を兼ね備えた人材が求められています。そのため、人間科学に基づいた人にやさしい医療技術者として、これからの医療界で求められる優れた人材の育成をめざしています。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 放射線技術科学科の問合せ先

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 放射線技術科学科お問い合わせはこちらへ

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。