公共政策学科

京都

地域の課題に目を向け、解決策を探求。地域の担い手となる自覚と実行力を養成する。公務員養成プログラムも設置

募集人数 120
初年度納入金 129.55 万円(入学金17万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

佛教大学 社会学部 公共政策学科 のコース

学科・コース名 募集人数
地域政治コース
地域経済コース

佛教大学 社会学部 公共政策学科の特長

2019年度より「地域政策」と「地域経済」の2つのコースに一新

社会の課題を自ら発見し、その解決に取り組む積極的な意志をもつ、社会科学に関する幅広い教養を身につけた人材を養成します。〈地域政治コース〉と〈地域経済コース〉の2コースで政治学・法学・経済学を中心とした豊富な科目群を用意し、社会科学のさまざまな学問分野をバランス良く学ぶことができます。

法律・経済・政治分野の学びをバランスよく配置。公務員養成プログラムも設置

卒業後は社会科学の幅広い専門知識や分析能力を活かし、行政機関、企業、教育などの様々な分野で活躍することが期待されます。特に公務員を志望する学生は、法学(民法・行政法等)や経済学(マクロ経済学・ミクロ経済学等)の科目を履修することで、各種の公務員試験で出題される主要科目の知識を身につけることができます。

地域政策について知り、それらの成果と課題を検討する「地域政策論」

近年、多面的な展開が見られる地域政策について、歴史的な経緯、国と自治体の取り組み、環境や福祉など個別の政策領域における事例を紹介して、それらの成果と課題を検討します。

地域経済の課題と再生のための条件を探る「地域経済論」

地域経済は、戦後の混乱、高度成長、そして昨今のグローバル化など、さまざまな変化を経て今に至っています。「地域経済論」では、現状を解明するとともに、課題と再生のための条件を探ります。

公務員採用試験を見据えた対策講座を設けるなど強力にバックアップ

2年生対象の公務員試験対策科目「公務員演習1~3」を設けています。試験対策に経験豊かな講師のもと、教養試験対策を基礎の基礎からはじめるなど、志望者が対策をはじめやすい環境を整えます。3年次以降はさらにフォローアップの講座を設けるなど、公務員を目指す学生を強力にバックアップします。

佛教大学 社会学部 公共政策学科の問合せ先

佛教大学 社会学部 公共政策学科お問い合わせはこちらへ

〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-366-5550(入学部直通)
butsu-dai@bukkyo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。