仏教学科

京都

仏教の教えから今日の社会が求める豊かな「人間力」を身につける

募集人数 60
初年度納入金 129.55 万円(入学金17万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

佛教大学 仏教学部 仏教学科の特長

本質を捉える思考力と心を鍛える

仏教学科では教学研究から現代に生きる仏教の具体相まで、豊富な領域にわたって仏教を研究し、仏教の精神や役割を理解。共生(ともいき)の精神や和合の精神などを体系的に習得するとともに、生・老・病・死という根本問題から現代社会の諸問題まで、仏教の英知を生かして解決できる人間力と応用力を養います。

「研究」「購読」「演習」と段階的に学びを深める

インド・日本・中国といった地域別の仏教や美術、文学作品などの仏教文化に至るまで、「研究」「講読」「演習」という段階を経た科目群を設定し、学生がそれぞれの興味に沿って、広い入口から奥深く掘り下げ、成果を発信できるようなカリキュラムとなっています。

仏教の文化遺産の知識を発信

「仏教と文化財」では、仏教美術という文化遺産を鑑賞するだけでなく、文化遺産の保存や活用のための方法や、学芸員資格の取得に役立つ知識を身につけます。実践を通して理解を深め、学びに成果を発信する機会が充実しています。

1年次から始まる少人数のゼミ教育

4年間にわたって少人数のゼミ教育を重視。1年次の「入門ゼミ」では大学での学び方を知ったうえで、仏教学科の学問領域と研究方法を理解。文献収集やリポート作成の手法なども習得する。教員のきめ細かな指導のもと、基礎研究から卒業研究まで年次を重ねるごとに着実に学びを深めることができます。

「免許併修」制度を利用すれば小学校の教員免許状の取得も可能

中学校(社会・宗教)、高校(宗教・地理歴史・公民)、特別支援学校など、さまざまな教員免許状を取得できるほか、「免許併修」制度を利用して、小学校の教員免許状の取得も可能。また、博物館学芸員資格等の資格取得にも挑戦できます。

「宗教文化ミュージアム」「浄土宗文献室」など、仏教を深め広めるさまざまな附属施設がある

佛教大学にはさまざまな附属施設があります。「宗教文化ミュージアム」はシアターと展示室をそなえた宗教文化に関する拠点となる施設です。ここでの研究成果は広く市民に公開しています。

佛教大学 仏教学部 仏教学科の問合せ先

佛教大学 仏教学部 仏教学科お問い合わせはこちらへ

〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-366-5550(入学部直通)
butsu-dai@bukkyo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。