交流文化学科

埼玉

国境という考え方を超え、交流する「文化」と「社会」を多角的な視点から探究する

募集人数 100
初年度納入金 135.28 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

獨協大学 外国語学部 交流文化学科の特長

国境という考え方を超えて、世界に羽ばたける人材をめざす

1年に約10億人が国境を越え、複数の文化が交わり新たな文化が生まれる現代。そんな「交流する文化」を、ツーリズム、国際関係論など多角的な視点から学ぶ。更に国際社会で通用する高い外国語能力を養うべく、卒業までに英語力の向上を図ることに加えて、英語以外の「プラス1言語」の習得をめざす

英語を集中的に習得し、さらに2年次からは専門知識を深めていく

1年次には、交流文化の基礎を学び、同時に英語を集中的に習得していく。「基礎演習I・II」ではプレゼンテーションやレポートの作成、資料調査などを通じて、大学での「学び」の準備をしっかり整える。2年次からは「ツーリズム」「トランスナショナル文化」「グローバル社会」の3部門の専門科目を履修し、多様な視点を学ぶ

ゼミには大学でしか学べない「何か」がある。密度の濃い研究活動を通じて将来の夢を描き実現へ

3、4年次に必修のゼミナールは本学科の学びの大きな柱。専門知識や語学力だけでなく、各分野の体系的な知に裏付けされた思考能力や、自ら分析し問題を発見・解決する力が身に付きます。だからこそ、4年次には学びの総仕上げの卒業論文に取り組むことができます。知的好奇心とバイタリティで乗り越える密度の濃い2年間です。

第二外国語のマスターをめざしながら、ツーリズムについてさまざまな研究をしています

「得意な英語をより高めつつ第二外国語もマスターしたい、興味のあるツーリズムを学びたいと交流文化学科を選びました。旅の起源や旅行業界についての講義を受け、観光がさまざまなジャンルと関わっていることを知り、観光業界全体の見方が変わりました。今後もさらにツーリズムをさまざまな角度から研究していきたいです」

充実の語学カリキュラム

英語力に加えてプラス1言語を習得することで将来の可能性は無限大に広がる。ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語の5つから選択可能。圧倒的な語学力を武器に、各産業や研究領域でグローバルに活躍する人材を育成

短期留学や長期留学など、留学制度が充実

獨協大学の協定校は英国、ドイツ、フランス、アメリカなど。半年~1年を海外の大学で過ごすことを推奨している。長期留学には主に交換留学と認定留学の2つの制度があり、どちらの留学制度でも留学期間中は本学または留学先のどちらか一方の授業料が全額免除されるため、経済的負担も軽減

獨協大学 外国語学部 交流文化学科の入試情報

獨協大学 外国語学部 交流文化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:全日本空輸、日本航空、ANAエアポートサービス、キャセイパシフィックエアウェイズリミテッド、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、郵船クルーズ、伊藤忠ロジスティクス、資生堂、グラクソ・スミスクライン、大和ハウス工業、全日空商事、三菱商事建材、イオンリテール、三井住友銀行、ロイヤルパークホテル、横浜グランドインターコンチネンタルホテル、近畿日本ツーリスト、ジェイアール東海ツアーズ、公務員

獨協大学 外国語学部 交流文化学科の問合せ先

獨協大学 外国語学部 交流文化学科お問い合わせはこちらへ

〒340-8585 埼玉県草加市学園町1-1
TEL. 048-946-1900 (入試課直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。