山形県立米沢女子短期大学

  • 31人が検討中

英語英文学科

山形

国際社会に適応する語学力を習得。幅広い視野と柔軟な頭脳を持った実践向きの教養人を目指す

募集人数:50

初年度納入金:61.72 万円(居住地によって入学料が異なるため、県外からの入学者は75万7250円になります)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

山形県立米沢女子短期大学 英語英文学科の特長

実践的な語学力を高める授業が目白押し

英会話の授業では、日常生活に密着した内容を題材に英語で会話し、英単語やコミュニケーションの方法を学んでいきます。イギリスやアメリカの文学作品を読む英米文学演習、音声学や認知言語学、英語の語法などを学ぶ英語学演習のクラスや、より実践的な英語表現を身につけるためのライティングといった授業もあります。

語学力だけでなく、国際的な素養を高めるカリキュラム

英語を「話す」「聞く」「読む」「書く」という実践力を高めるカリキュラムのほか、英語の文法や歴史を学びます。また、イギリスとアメリカの文学史にも触れながら、言語の根底にある社会・精神文化を理解することで国際的な素養を養うためのさまざまな講座を開設しています。

「英会話」の先生は、英語のネイティブ・スピーカー

本学科では、語学力はもちろん、国際化・情報化が進む社会で時代の先を読む洞察力、そして未来へ進む行動力を育むことを目指しています。学生には一歩一歩、着実に目標に近づいてほしいと思いますので、きめ細かで親切な指導を心掛けています。8人の専任教授陣のなかにはネイティブ・スピーカーの先生もいます。

「自分らしさを見つけて、自分らしい2年間を」

「これまで学んできた英語を活かしながら、文学史や英語学まで踏み込む短大の授業はひと味違う」と語る先輩は、他学科の授業も受けられるメリットを活かし「ピアヘルパー」資格取得に挑戦中。「短大生活は自分しだいで充実したものになります。自分らしさを見つけて、自分らしい楽しい生活を送ってください」。

「あきらめない気持ちで頑張ってください」

短大で初めて触れた「英語学」という分野をさらに学ぶため、進学の道を選んだ先輩がいます。学びたいことがはっきりしていた半面、それを志望理由書や面接で伝えることが大変だったとか。「編入試験の過程で身につけた知識はこの先役に立つはず。あきらめない気持ちが大切です。頑張ってください」。

毎年大勢の先輩が全国の大学へ編入学しています

さらなる学びの道として、4年制大学などへ毎年多数の先輩が進学しています。同県の山形大学をはじめ、東北のみならず全国の大学へと羽ばたいています。進学先の学部も、究めたい分野や目指す職業に合わせて多岐にわたる実績があります。2020年3月卒業生では16名が進学の道を歩んでいます。

山形県立米沢女子短期大学 英語英文学科の入試情報

山形県立米沢女子短期大学 英語英文学科の問合せ先

山形県立米沢女子短期大学 英語英文学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒992-0025 山形県米沢市通町6-15-1
TEL 0238-22-7330

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。