大分県立芸術文化短期大学

  • 47人が検討中

美術科

大分

アートが持つ可能性を通して、社会に貢献する人になる!

募集人数:75

初年度納入金:65.92~80.2 万円(入学金 大分県内生16万9200円、大分県外生28万2000円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
美術専攻 25
デザイン専攻 50

大分県立芸術文化短期大学 美術科の特長

【美術専攻】

絵画、彫刻を中心に創作・表現について学びます。美術に関する基礎的な実技・理論及び教養を基盤とし、多岐にわたる現代美術の諸相に着実・柔軟な姿勢で対応し得る、創造性・人間性豊かな人材の育成を目指します。1年後期より4分野(日本画・油彩画・ミクストメディア・彫刻)に分かれ、各専門分野について深く学びます。

【デザイン専攻】

デザインの基礎的な理論と造形実習を通して、新しい時代の要求に応じ得る、豊かな創造力と確かな計画性を持った人材の育成を目指します。1年後期より4コース(ビジュアルデザイン・メディアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックアート)に分かれ、専門分野について深く学びます。

専攻科修了時に条件を満たせば、4大卒と同じ学位が取得できます

卒業後は就職や進学のほか、4年制大学への編入学や本学専攻科への進学など、進路は多彩です。専攻科造形専攻に進み、修了時に独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の審査に合格すれば、4年制大学卒業者と同じ学士(芸術学)の学位が取得できます。これにより大学院進学や就職等、進路が大きく広がります。

美術・デザイン両専攻とも、中学校教諭二種免許状(美術)<国>取得を目指せます

決められた単位を修得すれば、中学校教諭二種免許状(美術)<国>を取得することができます。資格取得に向けて、実習サポートもしっかり行うので安心です。将来の多彩な選択肢の一つとして、必要な知識・スキルを身につけることができる環境です。

自由な創作活動を支えるのは、充実した施設と制作環境

広い絵画実習室、石膏デッサン室、DTP・3DCG・2Dアニメーションのソフトや3Dプリンターを備えるデザイン実習室、パネルソーなども使える木工室など、学生が自由に制作活動を行える実習室が充実。外部開放されている学内ギャラリーで、作品を観てもらう機会も。

多彩な学外活動を通して地域に貢献し、幅広い表現・制作の経験を積むことができます

キャンパスをとびだし、さまざまな活動を行っています。小学校を訪れて子どもと一緒に作品づくりを行う「地域ふれあいアート講座」、著名なクリエイターを招いて、講義で業界のリアルな話が聞ける「芸短デザインスクール」、「おおいた協働ものづくり展」への参加、「情報誌humhum」の制作など、活動内容も多彩です。

大分県立芸術文化短期大学 美術科の問合せ先

大分県立芸術文化短期大学 美術科に関するお問い合わせはこちらへ

〒870-0833  大分県大分市上野丘東1-11
TEL 097-545-0542(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。