保育科

神奈川

「保育のスペシャリスト」を養成する、実習重視の専門教育で保育者になろう!

募集人数:200

初年度納入金:147.5 万円(入学金、授業料含む。入学時91万3000円、後期56万2000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

横浜女子短期大学 保育科の特長

保育学生のための学習・学校生活支援の教養演習ゼミで、学生一人ひとりをサポート

カリキュラムは人間を理解し社会を洞察するための知識を学び、社会人としての見識を養う「教養科目」と、保育に関する専門的な知識と技術を学ぶ、実習を含めた「専門教育科目」で構成。また、保育学生のための「教養演習ゼミ」を開講し、学習・学校生活を少人数・個別にサポートします。

5つの附属施設・姉妹法人施設を中心に行う実習を通じて子どもたちの心を学ぶ

実習は幼稚園と3つの保育所、および全国でも類を見ない児童養護施設という本学5つの附属施設・姉妹法人施設、さらに県内を中心とした多数の実習協力園で行われます。2年間で約11週間におよぶ実習で子どもたちと直接関わり、また実習先の先生方や本学教員による指導・評価を受けることで、保育者としての力を身につけます。

多くの卒業生が保育士や幼稚園教諭として現場で活躍

例年、ほとんどの学生が保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方を取得して、保育所・幼稚園・児童養護施設などに就職。「保育者になりたい!」という夢を現実のものとしています。また、学生一人ひとりに合わせたきめ細かな就職サポートにより、就職決定率は常に高い水準を維持しています。

保育学生のために整えられた施設・設備

図書館の蔵書数は12万冊以上あり、単科の短期大学としては稀にみる規模の大きさ。学生・教職員・卒業生の学習や研究活動を支える拠点となっています。音楽関係の設備としては、ピアノ練習室(個室)が18室と電子ピアノを42台備えたML教室があり、授業以外の時間帯にも開放。学生の自主的な練習の場として使用できます。

人格、能力共に優れた保育者の必要性を痛感し、保育者養成校を設立

優れた保育者の養成、保育士の社会的地位の向上を願い続けた創設者・平野恒の強い想いにより、本学は設立されました。保育に特化した短期大学だからこそ、保育士資格、幼稚園教諭二種免許状などの資格取得に力を入れており、さらに豊かな人間性の確立を目的とした教養系のカリキュラムも充実した内容となっています。

本学独自の奨学金制度を創設

2009年度より、本学独自の奨学金制度「平野恒奨学金」が創設されました。対象は各学年・各学期末時点での成績優秀者で、10万円が支給されます。この他、社会人入学者や、緊急に経済的支援を必要とする学生を対象とした独自の奨学金制度もあります。

横浜女子短期大学 保育科の問合せ先

横浜女子短期大学 保育科に関するお問い合わせはこちらへ

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台4-4-5
TEL045-835-8108(入試広報室)
exam@yokotan.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。