学習院女子大学

  • 157人が検討中

英語コミュニケーション学科

東京

実践的な英語力を身につけて、世界で活躍する国際人を育成する。

募集人数 45
初年度納入金 135.38 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学習院女子大学 国際文化交流学部 英語コミュニケーション学科の特長

英語をはじめ、国際関係や世界各国の文化も学び、コミュニケーション力を高める

2年次に全員がカナダの協定校のレスブリッジ大学で半年間の留学を実施。少人数制(1学年45人)で高度な英語コミュニケーション力を養うほか、国際社会、国際関係について幅広く学んでいきます。

多様な講義、実習がある「共通科目」で、国際文化を学ぶ

現代のさまざまな国際問題は、国や民族の歴史・文化が深く関わっています。英語力を高めると同時に、国際文化も学ばなければなりません。そこで用意しているのが「共通科目」。国際文化交流演習科目群、人間・環境系科目群、特別総合科目群などの多様な講義、実習を通じて、国際文化や日本文化への理解を深めます。

文学作品を通じて翻訳スキルを身につける

クレイ教授のゼミでは、文学作品の翻訳について学びます。若者向けの様々な作品を実際に翻訳し、その内容について議論し、お互いの翻訳スキルの向上を目指して切磋琢磨していきます。語学力に加えて、必要になってくる言語の裏にある文化的な背景も学びます。

世界の多様な英語と『国際共通語』としての英語の特徴を研究

高橋准教授のゼミでは、英語が世界的に広がった背景や英語使用の現状、英語が果たす役割に注目しながら、異なる言語・文化・社会背景を持つ人々が使う多様な英語について理解を深めます。同時に、国際的に通用する(しやすい)英語の特徴と、『国際共通語』として英語を使う際に必要となる力について議論します。

卒業論文・卒業研究題目のテーマ例は以下の通り(2019年度)

Unhealthy Obsession with Health and Weight Stigma in United States/Difficulties  of Sexual Minority Teachers in Japan: Strategies for the Inclusive Working Environment/Japanese English in Modern Japanese Society/Cultural Diversity in Japanese Business

入学時から英語力を磨き、国際感覚を養って、半年間のカナダ留学に臨む

英語コミュニケーション学科の学生は全員、2年次に半年間カナダの協定大学に留学します。本学に入学したら英語力を磨くと同時に、国際的な視野に立って自分の意見を表明する訓練をするなど、留学に備えて準備を進め、海外へ出発します。※新型コロナウイルス感染症等の影響によりプログラムに変更が生じることがあります。

学習院女子大学 国際文化交流学部 英語コミュニケーション学科の入試情報

学習院女子大学 国際文化交流学部 英語コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国際協力銀行、アサヒ飲料、JTB、資生堂、カネボウ化粧品、ファーストリテイリング、村田製作所、森・濱田松本法律事務所、宇宙航空研究開発機構、全日本空輸、日本航空

学習院女子大学 国際文化交流学部 英語コミュニケーション学科の問合せ先

学習院女子大学 国際文化交流学部 英語コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒162-8650 東京都新宿区戸山3-20-1
TEL03-3203-1906(代表)
gwc-off@gakushuin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。