郡山女子大学短期大学部

  • 155人が検討中

健康栄養学科

福島

豊かな専門知識と確かな技術を修得して、社会で活躍する食の専門家「栄養士」と「フードスペシャリスト」を養成します

募集人数:70

初年度納入金:118 万円(学友会費・家族会費を含む。ほか諸経費は別途30万7060円必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

郡山女子大学短期大学部 健康栄養学科の特長

食のプロフェッショナルに必要な「食と栄養」に関するあらゆる分野の知識と技術を身につける

健康栄養学科では、短大共通の生活基礎科目に加えて、「社会生活と健康」「食品と衛生」「栄養と健康」などの専門分野の科目が開講されています。たとえば、健康な生活とは何かを考える「健康食生活論」、生活習慣の改善のための対応を学ぶ「栄養指導論」、疾病と栄養について学ぶ「臨床栄養学」などがあります。

キャンパス内で行う学内実習や小学校・病院などの施設で行う学外実習など充実した実習

「給食の運営」分野の学内実習では、附属幼稚園給食と学生・教職員を対象に昼食を立案・調理・提供する学内食堂実習で給食の基礎を学びます。学外実習では、学外の病院・福祉施設・小学校・工場・事業所のいずれかの給食施設で2週間の実習を行います。実習を通して講義の授業で得た知識を深め食に関する専門性を高めます。

高齢者の食事や健康的なダイエットなど、興味のある研究テーマをより深く探究できる卒業研究

卒業研究では、選択した研究室に所属して興味を持ったテーマについて仲間と共に深く探究します。過去には体脂肪について分析し、健康的な減量方法を研究したり、食が細い高齢者の方の食生活の改善について研究した例もあります。毎年、研究成果は卒業アルバムも兼ねた冊子「Creation」として発行されます。

きめ細かく充実した就職指導で、卒業後の就職を丁寧にサポート

30名程度のクラス毎に1~2名の助言教員(アドバイザー)が学生生活の相談にあたる「アドバイザー制」をとっています。アドバイザーは、就職部と協力して一人ひとりの学生の就職を丁寧にサポートします。その結果、健康栄養学科では高い就職率を得ていて、卒業生の多くが栄養士をはじめとした専門職で活躍しています。

食生活を通して健康をサポートする「栄養士」と食の専門家「フードスペシャリスト」を養成

新たな健康づくりに向けて、健康で豊かな食生活を実現するために必要な栄養や食に関する専門知識と技術を身につけます。そして、健康的な食生活をサポートする「栄養士」ならびに食品の製造・流通・販売・消費の専門家として豊かな食生活をサポートする「フードスペシャリスト」を目指します。

郡山女子大学の4年制学科への編入学やその他の学校への進学が可能

卒業後に郡山女子大学の食物栄養学科や人間生活学科の3年次への編入が可能です。食物栄養学科では、最短で「管理栄養士」としての道が開けます。また、他大学の3年次に進学することもできます。

郡山女子大学短期大学部 健康栄養学科の問合せ先

郡山女子大学短期大学部 健康栄養学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒963-8503 福島県郡山市開成3-25-2
TEL : 0120-910-488
E-mail : admin@koriyama-kgc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。