産業技術短期大学

  • 49人が検討中

機械工学科

兵庫

新たな時代を切り拓く機械エンジニアに。

募集人数:105

初年度納入金:144 万円(別途諸経費として5万3430円が必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

産業技術短期大学 機械工学科の特長

機械の設計、機構、制御の方法などを学び、ものづくりのエンジニアとしての能力を身につける

機械工学のベースとなる、材料の強さや耐久性について学ぶ「材料力学」、水や空気の流れについて学ぶ「流体力学」、熱やエネルギーについて学ぶ「熱力学」の3力学を柱に学びます。さらに、動きの基礎となる「機構学」、部品の寸法を決める「機械設計」、動きをコントロールする「自動制御」など幅広く習得します。

講義と実習を交え、ものづくりに必要な基礎を学ぶ

近年、ソフトウェア技術などの情報技術(IT)を活用した機械設計や機械制御技術が重要です。機械情報工学演習では、プログラミング実習・マイコン実習・ロボット制御実習などにより、新しい時代の機械エンジニアに必要な技術センスの修得をめざします。

講義で学んだ内容をもとに、実験・実習を通して理解し、レポートにまとめる

1年生後期と2年生前期に、機械計測や機械製作などの機械に関する数多くの実験を行います。これにより、機械工学の基礎を体得し、より深く専門知識を理解します。教室で学んだ知識と合わせて、総合的な理解力や思考力を養います。

テーマを決めて実験・製作に取り組み、講義や実習で学んだ知識を活かして研究の成果をまとめる

外燃機関であるスターリングエンジンは、理論上の熱効率が高いことから、地球にやさしい環境調和型の動力源として期待されています。スターリングエンジンの研究テーマでは、製造現場での実用に向けて、実際に模型クラスのエンジンを試作し、より効率の高い動力源としての利用をめざしています。

産業界との熱い信頼関係がサポート。充実したキャリア教育による、就職に強い大学

本学は日本製鉄・JFEスチール・神戸製鋼所など鉄鋼業界により1962年設立。産業界からの信頼も厚く、好不況に関わらず506社の企業(2020年3月卒業生対象/2019年12月現在)から求人があります。丁寧な就職指導・相談、企業研修、学内合同企業説明会など「キャリア教育」が充実し「就職に強い」大学として知られています。

国公私立4年制大学への編入学が可能!

さらに学びを深めたい学生には4年制大学への編入学が可能。毎年多くの学生が国公私立大学へ進学しています。2020年3月卒業予定者の主な編入学先(国公立17名合格)は九州工業大学、富山大学、徳島大学、岐阜大学、群馬大学、佐賀大学、豊橋技術科学大学、高知工科大学、滋賀県立大学、関西大学など(2019年12月現在)。

産業技術短期大学 機械工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本製鉄、ダイキン工業、ヤンマー、神鋼検査サービス、コベルコ建機日本、住友精化、住友電気工業、ニッケ機械製作所、菱神テクニカ、富士テクノソリューションズ

産業技術短期大学 機械工学科の問合せ先

産業技術短期大学 機械工学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1
入試広報課 tel.06-6431-7022(直通)
nyushi@cit.sangitan.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。