女子栄養大学短期大学部

  • 27人が検討中

食物栄養学科

東京

人の健康を「食」からとらえ、科学的根拠に基づいて疾病予防を実践する栄養士を養成します

募集人数:160

初年度納入金:163.9 万円(実験実習教育研究費26万6000円、施設費35万9000円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科の特長

卒業後の進路も見据え、科目の構成にも万全の配慮

栄養士資格取得に必要な科目に加え、将来の目的に合わせて学べる選択科目が充実。調理のできる栄養士の養成を目指し、豊富な調理実習を開講しています。

充実の実習環境と実社会で確かな力を育む給食管理実習

1年次では講義で学んだ知識をより確かなものにするための実験・実習が充実。2年次の給食管理実習では、特定給食施設における栄養士業務の体験・見聞を通じて、栄養士の役割、専門性について理解を深めます。実習先は病院や学校、事業所、福祉施設など。学生はその中から1施設を選択し、実務を経験します。

ゼミでの学びを通し、研究室で先生や共に学ぶ学生との深いつながりが生まれます

各研究室では指導教員が実践的なゼミのテーマを用意しており、学生は幅広い視点から食と向き合います。ゼミのテーマの一例としては、「地域飲食店のヘルシーメニューの開発支援と栄養指導」(あらかわ満点メニュー)、「災害時の食の確保に関する課題分析」など。

伝統に裏づけされた教育体制で、優れた栄養士を輩出。充実の2年間を提供します!

昭和初期、脚気(かっけ)の治療・予防にビタミンB1の摂取が成果を挙げていました。医師であった創立者は栄養知識の普及が重要だと考えて「家庭食養研究会」を発足。昭和25年に女子栄養短期大学を設置し現在に至ります。現在も「予防医学」の考え方と「健康に良くておいしい料理の提供」を貫き栄養士養成を行っています。

女子栄養大学への「学園内推薦編入学制度」

さらに学びを深めたい学生には併設の女子栄養大学3年次に優先的に編入学できる制度を設けています。募集人員は実践栄養学科15名、食文化栄養学科12名。2020年度は一般での編入学も含め、実践栄養学科に16名、食文化栄養学科に23名が進学しています。

女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:エームサービスジャパン(株)、西洋フード・コンパスグループ(株)、エスビースパイス工業(株)、(株)ABC Cooking Studio、池田糖化工業(株)、(株)ロック・フィールド、ゴディバジャパン(株)、国分グループ本社(株)、(社福)さわらび福祉会、(社福)豊川保育園、(株)こどもの森、(株)コビーアンドアソシエイツ、(株)オリンピア、医療法人IMSグループ、医療法人社団輝生会、医療法人社団元気会、公務員(栄養士、栄養教諭)

女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科の問合せ先

女子栄養大学短期大学部 食物栄養学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒170-8481 東京都豊島区駒込 3-24-3 (駒込キャンパス)
TEL 049-282-7331 (入試広報課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。