食物栄養学科

神奈川

食を「健康」という面から科学し、独自カリキュラムで「調理に強い栄養士」をめざします

募集人数:80

初年度納入金:142 万円(内訳/入学金、授業料、施設設備費、学生諸費他、次年度(2年次)102万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

小田原短期大学 食物栄養学科の特長

食生活の科学的管理が必要とされる今、生活全般の広い視野と専門知識を持った人材を育成

食育活動の推進、生活習慣病の問題、食の安全など、現代は食生活への科学的管理の重要性が高まっています。こうしたニーズに応え、生活全般の広い視野と専門知識を持つ人材を育成するのが食物栄養学科。栄養・食品・調理・給食・衛生を柱に豊富な実験・実習を通して食を健康面から科学する知識と技術を身につけます。

栄養士や栄養教諭に必要な知識や技術を、豊富な実験・実習で体験しながら学ぶ

栄養士や栄養教諭に必要な知識や技術を、実験や実習などで体験しながら修得していきます。また献立作成や栄養価計算などパソコンを利用しながらの授業が多いのも特徴。その他、学校で学んだ知識・技術を病院や小学校など学外で実践する学外実習も行われます。

栄養士にだって調理スキルは大切。豊富な調理体験で調理の力を身につける

栄養士教育にとって調理は重要な要素です。家庭内での調理体験の少ない学生が多く、「調理のできない栄養士・管理栄養士が増えている」「調理を知らない栄養士に食事の指導、病院食の運営ができるのか」といった声が現場から聞こえるほどです。本学では豊富な調理実習を行い、「調理に強い栄養士」をめざします。

食と健康に関するテーマの中から自分の興味のあるゼミを選び、少人数制でより深く学ぶ

食育について研究するゼミ、野菜が苦手な子どもに野菜をどう楽しく食べさせるかを研究するゼミ、食物アレルギーなど食べることにハンディのある方の食事を研究するゼミ、食の「おいしさ」について研究するゼミ、地域の食材を研究するゼミなど、興味を深く掘り下げる実践的な少人数ゼミが多数あります。

栄養士・栄養教諭免許を取得。実務経験を経て管理栄養士もめざせます

健康志向の高まりからいっそう重要視される「栄養士免許」を卒業と同時に取得。また実務経験を経て更に高度な知識と技術を兼ね備えた「管理栄養士」にも挑戦できます。さらに、子どもたちに食育の大切さを伝えるために誕生した「栄養教諭2種免許」も取得できます。

イベントの開催や、地域連携事業などに積極参加し、実践的な学びで力を育みます

地域住民・子ども・保護者に、健康な体作りに繋がるレシピを広げていく食育イベントなどを開催。『親子でパンを作ろう!』の他、小田原市役所の方々などもお招きした『適塩レシピコンテスト』では、様々な食材を組み合わせたレンコンバーガーが最優秀賞を受賞しました。受賞作品は、提携店で商品化もされました。

小田原短期大学 食物栄養学科の問合せ先

小田原短期大学 食物栄養学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒250-0045 神奈川県小田原市城山4-5-1
TEL 0465-22-0285
nyushi@odawara.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。