こども発達専攻

千葉

1年次から併設幼稚園でこどもと触れ合う演習や、学内外の実践的特別演習で、こども一人ひとりに対応する力をつける

募集人数 60
初年度納入金 136.52 万円(教材費・課程履修費は別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

昭和学院短期大学 人間生活学科 こども発達専攻の特長

併設幼稚園での演習や各施設の実習で体験的に学び、こどもの生活を丸ごと理解する保育者を育成

入学後すぐ併設幼稚園で演習をします。こどもと多く触れ合う実践的な学びの中で気づきを深め共感力や受容力を身につけます。アクティブ・ラーニングで思考力・実践力・解決力を高め現場に対応できる保育者を育てます。また、体験的な学びで保育者としての自覚を持ち、様々な人とコミュニケーションを図る力を身につけます。

実践的な学びを重ねてステップアップする「幼稚園実習」

幼稚園実習は、幼稚園教員としてのやりがいと責任の大きさを実感する大切な機会です。本学では、1年次1週間と2年次3週間の2回に分けて実習を行うことにより、実践的な学びを積み重ねていけるシステムになっています。実習前後の指導・助言も充実しており、幼稚園教諭免許状の取得に向けての学びをサポートします。

理論を活かし学びの深まる「保育実習」

保育実習は、大学で基礎から学んだ理論を活かし保育所及び乳児院や児童養護施設などの児童福祉施設にて実施しています。保育所や施設の生活を知り、こどもや職員と直接触れ合いながら援助や支援の方法を体験的に学びます。保育実習指導では、日誌の書き方・保育計画立案について学ぶとともに保育実技面も強化し指導します。

卒業生の声(齊藤有里さん 幼稚園教諭 2016年3月卒業)

「授業で行った模擬保育や、講義テキストにあるエピソードについて考えていく授業など、自分で考えて準備し実践していくこと、自分の考えを持って共有していく力など、大学で学んだことが今の職場で活かされていると思います。大学では学生と先生の距離が近く、良い環境の中で勉強することができます。」

学内に昭和学院もこもこ・こどもセンターを開設。実践的な学びのための様々な演習室

地域に貢献する開かれた大学づくりを目指して、学内に子育て支援センターを開設しています。保育者とこどもとの関わりを観察して学ぶ場でもあります。また、音楽室の他にピアノ演習室があり、個人の能力に応じて練習を行うことができます。本物の赤ちゃんと同じ体重の人形を使用して保育援助を学ぶ演習室もあります。

個々の持ち味を生かした【資格+α】の力を身につけ教養を高める

保育士資格・幼稚園教諭免許のW取得はもちろん、学生個々の特長を生かし認定絵本士やワンランク上の音楽表現法の修得など+αの私らしさを身につけ活躍の場を広げます。また、研修旅行、大学行事の企画・実行、芸術・児童文化鑑賞、保育教材作成、テーブルマナー講習などを授業の一環として取り組みます。

昭和学院短期大学 人間生活学科 こども発達専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:船橋市立保育所、柏市立保育所、葛飾区立保育所、八景台保育園、高塚幼稚園

昭和学院短期大学 人間生活学科 こども発達専攻の問合せ先

昭和学院短期大学 人間生活学科 こども発達専攻お問い合わせはこちらへ

〒272-0823 千葉県市川市東菅野2-17-1
TEL 047-324-7115 入試広報課
sjc@showagakuin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。