北海道武蔵女子短期大学

  • 56人が検討中

経済学科

北海道

企業実習や講義を通して、実際の企業活動や社会生活で役立つ経済の幅広い知識と応用力を身につけます。

募集人数:80

初年度納入金:110.75 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

北海道武蔵女子短期大学 経済学科の特長

企業実習や講義を通して、企業と職業の理解を深める「企業研究プログラム」

「企業研究プログラム」は、実際に企業で仕事を体験します。事前学習で電話応対や接客マナーなどビジネスマナーの研修を受け、体験実習へと進みます。航空・旅行・運輸、フードサービス、金融・証券・保険、官公庁など、実習先の協力のもと、直接指導・助言をいただきながら企業の実務を体験します。

企業実習でプロ意識に触れ、仕事の厳しさと社会人の心構えを実感!

1年次の2月上旬から3月中旬に行われる企業実習では、実際に企業で仕事の現場を経験することで、働くことの意味、自分の適性や進路を見極めていきます。

ニーズに即した「経済と生活」「金融と国際経済」「経営と情報」という3つの履修分野

経済学に触れるのが初めてでも、基礎からスムーズに学べるように効果的なカリキュラムが組まれています。「経済と生活」「金融と国際経済」「経営と情報」という3つの履修分野では、身近な経済から国際経済まで、さらにはコンピュータによる情報処理技能も身につけます。また、企業研究プログラムで実践力を養います。

新聞記事など身近な題材から経済への理解が深められるから「分かりやすい!」

「金融の基本と景気の関係、市場経済の仕組みや働きについて、先生が分かりやすく教えてくださいます。授業開始から30分ほど先生が新聞記事について話をしてくださるのですが、毎回とても勉強になります。最近はニュースの内容がよく理解できるようになりました。」(学生課)

就職活動を見据えて効率よくスキルが身につきます

「希望の金融業に就くために、簿記やコンピュータ実習などスキルが身につく科目を中心に時間割を決め、それから自分が学びたいと思える講義を選択しました。また、ゼミの教員と相談して金融の知識が深められる科目を履修し効率よく学習を進めた結果、念願の企業に内定しました」と充実した学生生活を送った学生も多数。

受講料無料の検定試験対策講座を開講し、資格取得をバックアップ!

在学中に簿記や情報処理関連の資格を取得しておくことは就職後に仕事を進めるうえで大いに役立ちます。経済学科では正規カリキュラム内に各種資格や検定に結びつく科目を多く設けています。さらに全学科対象の検定試験対策講座(受講料無料)も開講し、外部講師や関連科目講師によるサポート体制も整えています。

北海道武蔵女子短期大学 経済学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本アイビーエム・ソリューション・サービス、ANA新千歳空港、アインファーマシーズ、ソフィーナビューティーカウンセリング、日本銀行、北洋銀行、北海道信用金庫、三井住友海上火災保険、札幌国税局、札幌市役所

北海道武蔵女子短期大学 経済学科の問合せ先

北海道武蔵女子短期大学 経済学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒001-0022 北海道札幌市北区北22条西13丁目
TEL:0120-634-007(フリーコール)
qbox634@hmjc.ac.jp(入試広報課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。