公立千歳科学技術大学

  • 201人が検討中

応用化学生物学科

北海道

化学・生物学を基盤に、現代社会が抱える問題を解決し、豊かな未来を生み出す研究に取り組みます。

初年度納入金 83.31 万円(市内者:69万2100円、市外者:83万3100円 ※「市内者」の要件は本学ホームページでご確認下さい。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科の特長

化学・生物・医療から物理・電子まで。あらゆる科学技術分野で活躍できる能力を養います

化学・生物学を軸とした理工学の基礎のもと、素材関連や医療分野だけでなく食品・環境・エネルギーなどの幅広い分野に役立つ能力を養います。広範なテーマ設定の実験実習や卒業研究を通して、どのような分野にでも対応できる知識と柔軟な思考、コミュニケーション能力や解決できる能力を身につけます。

1.多様な科学技術分野に対応できる資質を養う科目群

化学・生物系の基礎科目とともに多数の応用科目を用意。応用科目は化学系、生物・医療系、物理・電子系に大別でき、多くが選択科目となっているため興味や関心に合わせて履修可能。また実習科目には化学・生物系の実験に加えレーザ技術や電子回路作製などのテーマもあり、多様な科学技術分野に対応する能力が身につきます。

2.応用化学と環境・生物工学を柱に、理工学の基礎を修得し融合的な研究に挑みます

学びの柱は2つ。1つは化学の理論や現象を応用した新物質の開発や材料の高性能化を目指した「応用化学分野」、もう1つは生物の優れた仕組みの活用や環境問題を解決し医療分野に貢献するための研究を行う「環境・生物工学分野」です。実験実習や卒業研究を通して学びを深めます。

カートハウス研究室:天然高分子は環境に優しい材料。マイクロプラスチック問題の解決にも!

高分子は不可欠な材料ですが、合成樹脂の「海洋プラスチック」や「マイクロプラスチック」による環境問題もあります。研究テーマは動植物から取られた天然高分子を含んだ機能性材料の作成と合成樹脂のプラスチック材料の劣化、河川にあるマイクロプラスチックの調査です。将来の環境に役立つ研究を目指します。

平井研究室:生物や自然に学び、新しいカタチ、モノを創造!

エネルギーや環境などの問題を解決するヒントは生物にあります。昆虫や動植物などが体表にもつ微細な構造によって生み出される機能を真似して、環境への負荷を低減した人工的な新しい材料の創製を目指しています。「バイオミメティクス」は、まだ新しい分野でテーマは無数にあり、今後が楽しみな面白い分野です。

マテリアル産業・医療関連産業・電子情報関連産業などへの就職や大学院進学など多様な選択肢

材料の製造・評価、加工産業や医療への応用、医療用機器・薬品製造販売、光を用いた医療技術開発、電子・光部品の製造、装置開発など、活躍のフィールドは多様です。また、専門性とICT活用能力を兼ね備えた、中学校・高校教員(理科)を目指すこともできます。大学院へ進学しさらにスキルとレベルアップも目指せます。

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科の入試情報

入試一覧

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:株式会社ADEKA、株式会社アマダ、株式会社あらた、株式会社エイチ・エル・シー、株式会社NTT東日本-北海道、SBテクノロジー株式会社、株式会社つうけん、帝人メディカルテクノロジー株式会社、東芝デジタルソリューションズ株式会社、株式会社ドコモCS北海道、日鉄テックスエンジ株式会社、日本コムシス株式会社、日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社、一般財団法人日本食品分析センター、株式会社ハイマックス、北海道キッコーマン株式会社、株式会社マースエンジニアリング、三菱電機ビルテクノサービス株式会社、ミハル通信株式会社、横浜ゴム株式会社

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科の問合せ先

公立千歳科学技術大学 理工学部 応用化学生物学科お問い合わせはこちらへ

〒066-8655 北海道千歳市美々758番地65
TEL 0123-27-6011
nyushi@photon.chitose.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。