群馬パース大学

  • 425人が検討中

言語聴覚学科
2021年4月開設

群馬

「聞く」「話す」「読む」「書く」「食べる」をサポートし、喜びのリハビリテーションを提供する「言語聴覚士」を養成

募集人数 30
初年度納入金 175 万円(入学金25万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

群馬パース大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学科の特長

ICF(国際生活機能分類)に沿ったリハビリテーション

ICF(国際生活機能分類)というのは、適切なリハビリテーションを実践する際の世界で認められた枠組。このICFに沿って患者さんの現状を的確に把握し、ICFをよりどころに患者さんが望まれる生活、そして地域社会への参加(復帰)を実現するための最善のリハビリテーションが実施できる言語聴覚士を養成していきます。

苦痛ではなく喜びのリハビリテーション

世界を見渡すと、苦しみではなく楽しみながらのリハビリテーションが効果をあげています。子供や認知症の方に決して苦痛をもとめず、障害を持ちながらも住み慣れた場所で当たり前に生活し、穏やかで喜びに満ちた生活、意味のある人生を送っていただける方法を楽しみながら見つけていきます。

学科横断型のグループワークで、チーム医療とリハビリテーションを学ぶ

リハビリテーション学部3学科の学生が横断的なグループによって課題解決していく授業「チーム医療とリハビリテーション」を通して、チームの概念、チームワークの難しさと効果、リーダーシップ、他者理解の上での交流の在り方、組織管理について学んでいきます。

アクティブラーニング中心の学修方法

教員の講義を聞くだけの受け身の学修ではなく、自ら学修しプレゼンテーションする講義、グループで学修する講義、ディスカッションを活用する講義、これらの組み合わせによるアクティブラーニングを取り入れ、「自分で学ぶ」「調べる」「考える」「想像し創造する」そして「発信する力」を養います。

病院・施設で行う実習で実践力を磨く

臨床実習として、1年次「見学実習(1週間)」、2年次「観察実習(3週間)」、3年次「評価実習(6週間)」、4年次に「統合実習(6週間)」を病院や施設等で行い、言語聴覚士としての業務や役割を習得していきます。

1号館増築で、学習環境がさらに充実

学科開設に合わせて現在の1号館を増築し、講義室や実習室、グループ学習を行えるゼミ室を増やします。学内は無線LANに接続できる環境を整え、主体的に日々の学習に取り組めるようにしています。尚、キャンパスはJR「高崎問屋町駅」から徒歩10分の立地で、近県からは新幹線で通学している学生もいます。

群馬パース大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:病院、リハビリテーションセンター、社会福祉施設、教育機関

群馬パース大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学科の問合せ先

群馬パース大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学科お問い合わせはこちらへ

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1 群馬パース大学 入試広報課
TEL:027-365-3370(入試広報課直通)
E-mail:nyushi-koho@paz.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。