秋田県立大学

  • 156人が検討中

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2019年8月時点)

生物環境科学科

秋田

ふるさとの自然環境から地球環境までを見つめる、フィールドに密着した科学

募集人数 30
初年度納入金 81.78~95.88 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科の特長

生物資源の活用と保全、自然環境の修復と再生などに関する研究

身近な地域~地球規模のフィールドに密着し、生物学・化学・環境科学の基礎を学びます。その後4グループ【陸域生物圏・環境管理修復・地域計画・基礎生命科学】のいずれかに進み、学科内外の異なる専門分野の研究者や地域の人々と、生物資源をとりまく環境問題の解決や環境と調和した生物資源の効果的利用に貢献します。

演習・実験を通して、生物資源が果たす環境保全機能・環境修復機能・自然生態系の再生を学ぶ

生物資源の保全や環境と調和した持続的活用などを目指して、化学、生物学、社会科学および環境科学の基礎・専門科目と環境の調査・分析手法や環境問題の解決手法を効率よく学ぶための演習・実験科目を設けます。

研究グループ(各研究室)

生物環境科学講座より4つのグループに分かれて専門性を高めることができます。陸域生物圏/環境管理修復/地域計画/基礎生命科学

活躍が期待される分野

農・林業ビジネス/流通・造園、環境修復/土壌修復/水質浄化、廃棄物再生利用、環境アセスメント/環境計量・環境プランナー、食品/品質管理

学生自主研究

新入生と2年生が自ら興味を持っているテーマやこれから取り組もうとする分野に積極的にチャレンジできる制度。教員がアドバイスを行い、実験スペースや機材、研究資金を交付してバックアップ。興味が研究に変わると課題が見えてきます。自ら積極的に取り組むことにより、「課題発見能力」と「問題解決能力」を伸ばせます。

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科の入試情報

入試一覧

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:秋田環境測定センター(株)、(公財)秋田県総合保険事業団、(株)大潟村あきたこまち生産者協会、(株)金龍、グリーン産業(株)、(株)サン・プランナー、(株)スズキ自販山形、太子食品工業(株)、津南町森林組合、(株)桧家ホールディングス、(株)富士グリーンテック、プライフーズ(株)、(株)マルト長谷川工作所、(株)ミダック、みやぎ生活協同組合、(株)山梅、ヤンマーアグリジャパン(株)東日本カンパニー、新潟県庁【環境】

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科の問合せ先

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科お問い合わせはこちらへ

〒010-0195 秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438(秋田キャンパス)
TEL:018-872-1535
E-mail:koho_akita@akita-pu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。