児童障害福祉専攻

千葉

誰をもやさしく包み込む“インクルーシブ保育”の知識と技能を実践的に身につけていきます

募集人数 100
初年度納入金 137 万円(入学金27万円・授業料80万円・施設費20万円・教育充実費10万円、その他教材費などが別途必要です)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

植草学園短期大学 福祉学科 児童障害福祉専攻の特長

子どもたちをやさしく包み込む“インクルーシブ保育”の理論と実践を学びます

本専攻では障害のある子どももない子どももやさしく包み込む“インクルーシブ保育”が実践できる保育者を育成する幅広い専門科目を設置しています。障害児保育の理念や心身の発達に応じた支援のあり方を学ぶ授業と、特別支援学校などでの実習により、一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添う“心と技術”を体験的に養います。

現場で培ったノウハウを伝授する経験豊富な教員たち

教員の多くは、発達支援や障害者心理の専門家というだけでなく、保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校などで、多くの子どもたちと接し、その成長を見守ってきた経験を持っています。現場で実践を重ねてき教員だからこそ、保育者として大事にすべき考え方や、現場で必要とされる知識・ノウハウを伝えることができます。

各種施設での実習は万全のバックアップ体制のもとで実施

保育士資格と幼稚園教諭二種免許の両方を取得しないと卒業ができません。そのため2年間で保育所、障害関係施設、幼稚園、特別支援学校(学級)、さまざまな施設で実習を行う学生を実習支援室を設置し、お手伝いをします。また、実習先ごとに担当教員を配置して学生からの相談に対応しているため、不安なく実習に臨めます。

障害児保育に関する知識が将来の選択肢を広げます

保育の専門知識とともに障害(障害児)についても学べるため選択肢は広く、公務員を含む保育所・幼稚園、障害者施設、児童障害福祉施設が主な就職先となっています。専門性をさらに高めるために植草学園大学に編入学する学生や同大学の科目等履修生として学び特別支援学校教諭として活躍する卒業生も増えています。

各種資格に対応したカリキュラムで学生の向上心をサポート

卒業と同時に保育士資格、幼稚園教諭二種免許、社会福祉主事任用資格が取得できます。また、必要な科目を履修すると特別支援学校教諭二種免許(特別支援学校教諭になるためには小学校教諭免許等が必要)、レクリエーション・インストラクター資格、ピアヘルパー資格、准学校心理士の取得も可能です。

障害児保育・指導の専門性を持つ保育者が広く社会から求められています

保育所や幼稚園において障害のある子どもの受け入れが進んだことで「障害児保育・指導」の専門知識やスキルを持った人材が強く求められています。福祉学科児童障害福祉専攻は、このような社会状況の変化を背景として“障害のある子どもにもない子どもにも的確に対応できる保育者”を育成するために設置されました。

植草学園短期大学 福祉学科 児童障害福祉専攻の問合せ先

植草学園短期大学 福祉学科 児童障害福祉専攻お問い合わせはこちらへ

〒264-0007 千葉県千葉市若葉区小倉町1639-3
TEL 043-239-2600(入試・広報課)
nyuusi@uekusa.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。