情報学部

京都

先端情報技術を活用して、地域に新しい価値を創造し、地域生活を豊かにするための人財を育成します

募集人数:100

初年度納入金:85.78 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
情報学科 100

福知山公立大学 情報学部の特長

情報活用の事例から原理に近づき専門性を高める帰納的な学習

帰納的な学習とは、具体的な事例から出発し、そこから段階的に原理に近づいていくことで専門性を高めていく方法のことです。具体的な体験事例から原理に帰納していくことで、いろいろな場面に適用できるスキルと知識・知見を体系的に身につけます。1・2年次では事例学習で「何ができるか」を、2・3年次では方式学習で「どうすればできるか」を、3・4年次では根拠学習で「なぜできるか」を段階的に学んでいきます。

各領域の事例から専門的な学修を深める3つの領域

AI技術やエンタテインメント技術を学ぶ「人間・社会情報学領域」、データ解析やその活用について学ぶ「データサイエンス領域」、情報システム構築やアプリ開発について学ぶ「ICT領域」の3つのトラックを設け、それぞれに一層高度な知識や知見を修得し、現場対応力を高める科目を配置しています。1年次には各トラックについて事例等を幅広く学び、学年が上がるにつれ、各自の関心や将来の進路に応じて主たる分野を絞り込んでいくことで理解を深めます。

地域での現地調査を通じて、理論との結びつきを理解する地域協働型教育研究

地域の課題を地域住民とともに、発見、把握・分析、協働、課題解決のプロセスを、現地調査やワークショップを通して実体験し、理論との結びつきを深く理解していきます。

<想定される地域協働型教育研究の具体例>
●観光
・スマートフォンを使った観光案内システム開発
 (位置利用ゲームやAR案内等)。
・プロジェクションマッピングや観光案内アプリ等の開発。
・史跡の3Dコンピュータグラフィックスによる再現やドローンでの映像の3Dモデル作成。
●商品開発
・電子機器と木材製品を組み合わせた新製品開発。
・小型風車による風力発電の回路設計やソフトウェア開発。
●農業
・農業用ハウスの温度制御のシステム構築。
・作物の病気の特定とその防除、選果機への情報技術の組み込み。
●ウェルネス
・防災のための地域情報共有・伝達システムの開発。
・地域住民の見守り・支援システムの開発。

地域経営学部との文理連携型の学び

地域課題への理解を深めるため、既存の「地域経営学部」との共通科目※の配置やPBL(課題解決型学習)等による連携など、人文・社会科学と情報学による文理連携型の学びを通じて、情報学の高い専門技術に加えて主体性、課題解決力、創造力など自らの力で地域社会の未来を切り開き、地域の価値向上と価値創造を実現できる人財を育てます。
※全学共通科目群の科目:地域情報学、地域文化論、持続可能な社会論、地域防災論、地域福祉論、金融論など

課題解決に取り組み、地域社会に貢献する力をつけるPBLとIT実習

PBL(課題解決型学習)とIT実習を必修科目として、実践的な情報学を学びます。PBLは学生自身が課題を見つけ、さまざまな手段を用いて情報技術と情報を駆使し、課題を解決していく演習形態の授業です。全学年に配置され、イベントや産業、暮らし、プレジャーなど地域での実践を通して主体的に情報技術を身につけていくことを目的としています。IT実習では、PBLにおける各自のテーマに関わらず、全員が1・2年次にデータサイエンス、ICT、AI、複合現実の4テーマの実習に取り組みます。

人間の主観を理解する、究極に人間らしい人工知能をめざす

将棋や囲碁の世界では、AI(人工知能)は人間より強くなっていますが、あまりに非の打ち所がなく、対戦した際にエンタテインメント性が大きく損なわれてしまいます。これからは強さの追求だけではなく、「いかに人間を楽しませることができるか」が、ゲームAI研究の重要課題といえます。本校では、人間の主観的な部分をAIに理解させることを目標に、ゲーム以外にもあらゆるテーマに切り込み、研究を行います。(藤井 叙人先生)

医療、セキュリティ、地方創生―画像認識技術の可能性を広げる

AI(人工知能)の発展を支え、より人間の脳に近い手法として注目を集めるディープラーニング(深層学習)。その中でも、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、画像認識において従来の手法を大きく上回る性能を達成し、今や多くの分野で用いられています。本校では、医療分野やセキュリティ分野などさまざまな分野に応用できる画像認識技術を研究します。(松山 江里先生)

さまざまな専門科目を履修し、情報処理技術者能力認定試験のほか多様な資格取得をめざす

<目標とする資格>
情報セキュリティマネジメント試験<国>、基本情報技術者試験<国>、応用情報技術者試験<国>、データベーススペシャリスト試験<国>、統計検定(2級・準1級)、JDLAディープラーニングG検定(ジェネラリスト検定)・E資格(エンジニア資格)など

福知山公立大学 情報学部の入試情報

入試一覧

福知山公立大学 情報学部の問合せ先

福知山公立大学 情報学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒620-0886  京都府福知山市字堀3370
TEL 0773-24-7100

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。