生物生産学科

群馬

世界を見据えた次世代型の農学を学習。「食」と「農」を体系的に学び、未来の日本の農業の担い手を養成

募集人数 100
初年度納入金 160.97 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

高崎健康福祉大学 農学部 生物生産学科 のコース

学科・コース名 募集人数
生命科学コース
作物園芸システムコース
フードサイエンスコース
アグリビジネスコース

高崎健康福祉大学 農学部 生物生産学科の特長

全国有数の農業県・群馬県初の農学部。農学に必要な実学的環境が整っている

本学のある群馬県は、利根川水系の豊かな水と全国2番目の日照時間の長さから全国有数の農業県。その群馬県内の4年制大学で初めて設置された農学部。次世代の担い手やリーダーの育成、ICTの活用、攻めの農業の展開、安心・安全な食の提供など農学に必要な実学的環境が整っている。

段階的な授業を展開。幅広い知識・技能を身につける

1年次は、まず「“食”と“農”に関わる一連のサイクル」を総合して基礎から体系的に学習。2年次から【生命科学コース】【作物園芸システムコース】【フードサイエンスコース】【アグリビジネスコース】の4コースに分かれ、専門的な学問体系で学ぶ。コース横断的な科目履修により、農学の幅広い知識・技能を修得可能だ。

最新設備を備えた「教育施設棟」と本学近郊の農家との連携で、実学的な農業を学習できる

最新の設備を備えた教育施設棟を用意。学生たちはこれからのニーズに応えるために必要な専門的な知識・技術を修得。農業が盛んで、さまざまな農作物が栽培されている本学近郊の地域と連携し、生きた教科書として実学の農業を学習することが可能だ。

農業の魅力を高める人材の養成と研究開発を目指す

日本の農業は、就農者の高齢化や後継者不足など深刻な問題に直面しているが、その安全性や高品質は海外から高評価である。本学科では日本の農業の課題を克服し、さらなる優位性を獲得するために、農産物の高品質化、輸出の増進等により就農者が誇りや喜びに満ち、農業の魅力を高める人材の養成と研究開発を目指す。

高崎健康福祉大学 農学部 生物生産学科の入試情報

高崎健康福祉大学 農学部 生物生産学科の問合せ先

高崎健康福祉大学 農学部 生物生産学科お問い合わせはこちらへ

〒370-0033 群馬県高崎市中大類町37-1
TEL:027-352-1290
nyushi@takasaki-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。