放送・メディア映像学科

大阪

情報発信、システム開発の知識・技能・表現力を身につけ、ハードとソフト両方が理解できるプロフェッショナルへ。

募集人数 60
初年度納入金 139 万円(入学金20万円含む ※諸会費・実習費等は別途必要となります。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

羽衣国際大学 現代社会学部 放送・メディア映像学科 のコース

学科・コース名 募集人数
放送・メディアコース
映像コンテンツコース
情報システムコース

羽衣国際大学 現代社会学部 放送・メディア映像学科の特長

「何」を「どのように」創り出すのか、中身と技能、両方できるメディアのプロフェッショナルへ

放送・メディア映像学科では、マルチな能力が求められるこれからの高度情報社会において、メディアを利用して「何」 を「どのように」創りだすのか考えます。そして、情報発信、システム開発のプロフェッショナルになるための知識・技能・表現力を総合的に身につけます。

キャンパスで得た知識と技能を海外研修で活用

ドキュメンタリー、CM、公式映像記録、作品創作といった様々な制作活動を行うことで表現力と技能を磨きます。また、メディアの世界でもグローバル化が進み、これまで以上に広い視野と深い考察力を持つことが求められる時代に応えられるよう、シアトルへの映像研修プログラムを提供しています。

映像作品の制作にチャレンジするゼミ。撮りたいモノを撮ってみよう!

浮田先生が制作の実践にこだわるのは学生たちに映像を作る楽しさを知ってもらいたいから。「作品を完成させることで初めて得られる喜びがあります。是非ともそれを味わってほしい。」学生がきちんと作品を仕上げられるよう、丁寧なサポートを行っています。

総合的な基盤の上に3つのコース≪放送・メディア≫≪映像コンテンツ≫≪情報システム≫

1年次に共通の学び〔「メディア理論」「シナリオ作成」「スタジオ操作」「映像編集」「CG&Web 制作の基礎」「プログラミング入門」など〕を経てから、2年次に3つのコース、≪放送・メディア≫≪映像コンテンツ≫≪情報システム≫からコース選択を行います。総合的で確かなメディアの知識の上に専門性を育みます。

プロ仕様レベルの設備をキャンパス内に完備

テレビスタジオは、テレビ局で使用されている放送機材と同じものを使用。ブルーバックという、CGと実写を合成することのできる「バーチャル・スタジオ」機能や本格的なアナウンスブースを備えています。3Dグラフィックス コンテンツルームにはコンピュータ・グラフィックスの制作に求められる高性能PCが揃っています。

0円留学+授業料最大4年間無料の新・特待制度スタート『GCP(グローバルチャレンジプログラム)』

『GCP(グローバルチャレンジプログラム)』は、専門分野の知識やスキルを身につけながら英語力を磨くことで、自分らしく世界へ羽ばたける人材を育成する新しい特待制度です。実質自己負担0円で海外留学!さらに授業料最大4年間無料になります。※1年ごとに審査があります。

羽衣国際大学 現代社会学部 放送・メディア映像学科の入試情報

羽衣国際大学 現代社会学部 放送・メディア映像学科の問合せ先

羽衣国際大学 現代社会学部 放送・メディア映像学科お問い合わせはこちらへ

〒592-8344 大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1
TEL:072-265-7200(入試センター)
nyuushi@hagoromo.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。