作業療法学科

山梨

知識・技術に加え、患者さんの心に寄り添える優しさを持った作業療法士を育成

募集人数 80
初年度納入金 160 万円(うち入学金30万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

健康科学大学 健康科学部 作業療法学科の特長

4年間を通じ、より専門的な知識を身につけるための研究や実習のサポートをきめ細かく実施

時代の変化に対応できる作業療法士の育成を目指し、人体の基礎的理解から専門的な作業療法まで段階的に学習。「身体」「精神」「発達障害」「老年期」など多岐にわたる分野のそれぞれに専門教員がおり、社会に出るまでにより専門的な知識や技術を身につけられるよう、研究や実習のサポートをきめ細かく行っています。

「運動学実習」、「生活環境評価学」など多彩なカリキュラムで作業療法をトータルに学習

「運動学実習」では、人体の動作を捉えるための関節や筋、動きを観察し、運動を的確に判断できる技術を、「義肢装具学」では、義手など装具に関する基礎知識の理解により、臨床現場で適合判断ができる技術を習得。「生活環境評価学」では、患者さんに適した福祉用具の選定や住環境整備の仕方について学びます。

「知っている」から「使える」へ。社会と共生する力を身につけよう

「作業療法士は、相手の立場で考え、それぞれの患者さんに合った生活を提案しなければなりません。そのため本学では、得た知識をどのように使うのか練習する演習中心の授業を行っています。国家資格を取得するだけでなく、作業療法を通して社会の中で共生できる力を養ってもらいたいと考えています」(小沢 健一 学科長)

1年次からの実習計画で臨床現場を知り、段階的に実践力を高めます

1年次から支援学校や本学のクリニックにて見学実習を行います。3年次には実際に患者さんに接しながら生活機能を確認する評価実習を行い、実践力を養成。4年次には医療機関・施設で約2ヶ月間の臨床実習を2回実施し、専門家になるための計画立案力を身につけ、総合的な施術計画を実践できるようにします。

就職先は、医療関係、福祉関係、精神・発達障害関係、企業関係など

病院のリハビリテーション科や精神・神経科病院などの医療機関、介護老人保健施設やデイケアセンターなどの福祉施設、精神障害者社会復帰施設や療育施設、特別支援学校、医療・福祉機器メーカーなどの一般企業、大学や専門学校などの学校教育研究分野と、幅広い就職先が想定されます。

作業療法士<国>の取得を目指します

本学科を卒業すると同時に、作業療法士<国>の受験資格が取得できます。習熟度別のクラス編成や、「学び合い」による弱点の洗い出しや知識の定着など、少人数制ならではの手厚いサポートで国家試験の突破を目指します。

健康科学大学 健康科学部 作業療法学科の問合せ先

健康科学大学 健康科学部 作業療法学科お問い合わせはこちらへ

〒401-0380 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7187
TEL:0555-83-5240(富士山キャンパス・入試広報課)
e-mail:nyuushi@kenkoudai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。