東京医療保健大学

  • 364人が検討中

医療栄養学科

東京

臨床に強い、医療を前提とした栄養学を修得し、医療・保健・福祉の最前線で幅広く活躍できる管理栄養士を育成します

募集人数 100
初年度納入金 161.7 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科の特長

チーム医療の一員として栄養の面から治療に参画できる管理栄養士を育成します

医学的な知識と専門的な知識・技術を併せもち、チーム医療の一員として治療に参画できる管理栄養士を育成します。そのためカリキュラムには栄養に関する科目の他に臨床検査学、病態生化学、薬物療法学、臨床薬理学など医療系の科目を充実させ、実習前にSP(模擬患者)を使った演習やOSCE(オスキー)も実施しています

臨床に強い管理栄養士を目指すため、代謝性疾患、血液疾患、栄養相談の実際までも実習します

NTT東日本関東病院・東京逓信病院をはじめとする病院で、管理栄養士が中心のチーム医療の最前線で実習を行います。実習では栄養サポートチームのスタッフとして栄養状態の判定及び各種臨床検査データを基に臨床栄養面、医療経済面からの傷疾者の栄養ケアプランを作成し、食事療法を理解し、適切な栄養補給方法を学びます

スポーツ栄養士など医療・医学に強い管理栄養士が求められています

教育現場では「栄養教諭」の制度が正式に始まり食生活の充実が図られています。近年のスポーツ界では管理栄養士による選手への栄養指導が好成績につながり話題になっています。臨床に強い管理栄養士は病院だけではなく学校や保健センター、食品会社、スポーツ分野など、食と健康に関わる様々な職場で求められています

最新のノート型パソコンを1人1台無料で貸与します

医療技術の進歩とともに、情報にも強い管理栄養士が必要とされてきます。本学では入学時に学生1人1台パソコンを貸与し、パソコンの使い方を初歩から指導します。医療の情報を収集し、治療や指導を効果的に行うためには科学的な力が必要です。パソコンは4年間の学修でより効果的に活用できるようになります

臨床に強い、コミュニケーション能力の高い管理栄養士を育成

医療及び保健・福祉の現場に役立つ栄養サポートチーム(NST)の中心で活躍できる専門職教育を第一の理念とし、栄養指導を視野に入れた情報教育を行い、英語でのコミュニケーション能力と情報力を背景に、海外での活躍も視野に入れて、国際交流やコミュニケーションに必要な外国語教育も充実させています(海外研修も実施)

専門職養成の大学として資格取得に向けたサポートなど充実のキャリアガイダンス

学生が専門職として自己実現をするために、学生生活の各段階において自己の現状認識と将来への展望の確認を行えるようにサポートします。講演会、資格取得セミナー、就職バックアップセミナーなどを実施しています。特に医療栄養学科では国家試験に向けた「国家試験対策」を学生の修学状況にあわせて行っています

東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科の入試情報

東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:帝京大学医学部附属病院、IMSグループ、医療法人社団筑波記念会筑波記念病院、社会福祉法人三井記念病院、ニュートリー株式会社、プリマハム株式会社、株式会社武蔵野フーズ、学校法人青葉学園野沢こども園、東京都公務員

東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科の問合せ先

東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科お問い合わせはこちらへ

入試広報部:〒152-8558東京都目黒区東が丘2-5-1
TEL:03-5779-5071
info@thcu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。