看護学科

和歌山

和歌山県で初の私立看護大学で「地学・地就」を実現。看護実践力の高い看護師を育成

募集人数 90
初年度納入金 190.2 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京医療保健大学 和歌山看護学部 看護学科の特長

日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用し、講義・演習・実習を実施

これまでの看護学教育の実績を活かし、確かな知識・技術を習得する教育を展開。日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用し、講義・演習・実習を有効に組合わせて看護実践能力を高めます。また、多職種がかかわるチーム医療において、中心的役割を担うことができる看護職を育成します。

地域における看護サービスの提供など病院外での看護実習も経験。人と地域を支える看護職を育成

日本政府は従来の病院完結型医療から、医療・ケアと生活が一体化した地域包括ケアを推進。そこで地域と連携した実習にも力を注いでいます。地域における看護サービスの提供など病院外での看護実習を経験し、その状況に合わせて判断し実践する能力を高めます。

日本赤十字社和歌山医療センター、和歌山県内外の大学等との連携による指導体制

臨床経験や確かな技術を持つ教員に加え、県内外の大学等からも様々な分野の講師を招き指導にあたることが特長です。さらに、日本赤十字社和歌山医療センターの医師・看護師などの医療専門職とも連携・協働し、患者さんへのかかわりかたを通し、継続看護のあり方を学ぶなど、地域医療に密着した教育指導を行います。

日本赤十字社和歌山医療センターと連携病院を中心に4年間を通して臨地実習を開講

4年間を通して臨地実習を開講。主な実習先となる日本赤十字社和歌山医療センターは、3~4年次に通うキャンパスと隣接しており日常的に医療現場を肌で感じることができます。また「わかやま学」と称し和歌山の地域社会を理解した上で多様な環境・対象に対応できる力を養うため、連携病院の事例を基に講義・演習を行います。

日本赤十字社和歌山医療センターと和歌山県、和歌山市との連携のもと開設

東京医療保健大学は2005年に医療保健学部の1学部3学科で開設。2010年に東が丘・立川看護学部を設置し、2020年4月には同学部を東が丘看護学部、立川看護学部へ改組いたします。和歌山看護学部は日本赤十字社和歌山医療センターと和歌山県・市との連携し、3者のバックアップで学びをサポートし奨学金制度も充実しています。

担当アドバイザーが学生生活や国家試験、進路相談をサポート。無料でノートパソコンも貸与

少人数に分けたグループを担当するアドバイザーが、4年間を通して学生生活や国家試験、進路相談などをサポートします。また、学生が主体的に将来を描けるように、入学後から「キャリア教育」の授業を設置しています。入学時には、ノートパソコンを全学生に1台ずつ貸与。4年間を通してパソコンを効率的に活用できます。

東京医療保健大学 和歌山看護学部 看護学科の問合せ先

東京医療保健大学 和歌山看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒640-8247 和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地
TEL 073-435-5819

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。