和歌山看護学部

和歌山

日本赤十字社和歌山医療センター、和歌山県、和歌山市との連携で「人」と「地域」を支える看護職に

募集人数:90

学科・コース名 募集人数
看護学科 90

東京医療保健大学 和歌山看護学部の特長

看護学科

これまでの看護学教育の実績を活かし、確かな知識・技術を習得する教育を展開。日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用し、講義・演習・実習を有効に組合わせて看護実践能力を高めます。また、多職種がかかわるチーム医療において、中心的役割を担うことができる看護職を育成します。

地域看護

「わかやま学」と称し、和歌山の地域社会の特長を理解した上で多様な環境・対象に対応できる力を養うため、連携病院の豊富な事例をもとに、リアリティに即した講義・演習を展開していきます。

臨地実習

4年間を通して臨地実習を開講。主な実習先となる日本赤十字社和歌山医療センターは、3~4年次に通う日赤和歌山医療センターキャンパスと隣接しているため、日常的に先端医療現場を肌で感じることができます。

地域包括ケアシステム

日本政府は従来の病院完結型医療から、医療・ケアと生活が一体化した地域包括ケアを推進。そこで地域と連携した実習にも力を注いでいます。地域における看護サービスの提供など病院外での看護実習を経験し、その状況に合わせて判断し実践する能力を高めます。

取得できる資格

養護教諭免許状<国> (1種・2種)選択制※ ※開設時期が変更になる場合あり

受験資格が得られるもの

看護師<国> 保健師<国>選択制

看護師国家試験合格者数

看護師国家試験合格者数全国3位※ 合格者数291名(2019年3月卒業生実績) ※東が丘・立川看護学部191名、医療保健学 部看護学科100名の合計。

設立の背景

東京医療保健大学は2005年に、医療保健学部(看護学科・医療栄養学科・医療情報学科)の1学部3学科で開設しました。2010年に東が丘・立川看護学部(看護学科)を設置し、2020年4月には同学部を東が丘看護学部、立川看護学部へ改組いたします。さらに、大学院医療保健学研究科、大学院看護学研究科においては、質の高い医療を提供できる高度な専門職業人を輩出しています。 新たに設置の和歌山看護学部は、日本赤十字社和歌山医療センターと和歌山県、和歌山市との連携のもと開設。3者のバックアップで学びをサポートすることはもちろん、奨学金制度も充実していることが強みです。

アドバイザー制度

少人数に分けたグループに担当アドバイザーがつきます。4年間を通して学生生活や国家試験、進路相談などをサポートします。

東京医療保健大学 和歌山看護学部の問合せ先

東京医療保健大学 和歌山看護学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒640-8247 和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地
073-435-5819 
〒640-8269 和歌山県和歌山市小松原通4丁目20番地
073-435-5819 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。