東京都立大学

  • 3,492人が検討中

インダストリアルアート学科

東京

新時代を築くイノベーションの原動力「アート」を身につける。

募集人数 50
初年度納入金 80.28 万円(東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京都立大学 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科の特長

工学系デザインと芸術を基盤とした社会システムを学ぶ「インダストリアルアート学科」

プロダクトやメディアなど人に訴えかけるアート・デザインの学修に加え、人の行動や意識をデザインに生かす人間工学を重視し、デザイン資源を生活や社会・産業などに活かすためのリサーチ・企画・プロデュース・編集方法を、ワークショップなどのプログラムを通して体験的に学び、感じる心、成し遂げる技術を育みます。

デザインの分野を2つのコアに分類

「基礎総合ワークショップ」と「コア科目」の2つに分かれます。「基礎総合ワークショップ」は、アート・デザイン全般に不可欠な技術と知識を体験的、協同的に学ぶ中で感性を磨くことが主眼。「コア科目」では、プロダクトデザインとメディアアートという産業にも直結するフィールドを設け、演習科目等で専門性を高めます。

“こんなモノが、あったらいいな”をカタチにする『インタラクションデザイン演習実習B』

指で画面をなぞるとスクロールする、タップするとアプリが立ち上がる…。スマートフォンは人とモノの対話がデザイン(設計)されています。これがインタラクティブデザインです。これまでなかったアイデアのイメージや機能を伝えるために、プロトタイプを試作するくらいの技能(ハード、ソフト両面)を身につけます。

システムデザインの中でも、感性面を発揮するデザイナーをめざす

なにごとにも興味をもち、豊かな感性でそれらを捉え、的確に自己表現できる技能と技術を身につけたデザイナーになりたい人。ものづくりに関心があり、人とのコミュニケーションを大切にするダイナミックで行動派の人を求めます。世界に向けて新しい文化・産業を発信する東京を学びの地に次世代のクリエーターを育成します。

東京都立大学 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科の入試情報

入試一覧

東京都立大学 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本アイ・ビー・エム・サービス(ISC-J)、アクセスプログレス、あとらす二十一、エー・ディー・ワークス、キャンプフォー、サンゲツ、セプテーニホールディングス、トヨタ自動車、トライエース、ドワンゴ、ナイキ、日本生命保険、HERE.、ピクス、ピクシブ、プライマル、プロテラス、三菱電機ビジネスシステム、ムラヤマ、ユーコーコミュニティ、ライオン事務器、リヒトラブ、教員(東京聖徳学園)、焼津市役所

東京都立大学 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科の問合せ先

東京都立大学 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科お問い合わせはこちらへ

〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
TEL042-585-8606

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。