東京都立大学

  • 3,556人が検討中

環境応用化学科

東京

対話型・問題発見解決型の教育で、環境と豊かに調和した応用化学を研究する。

募集人数 60
初年度納入金 80.28 万円(東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京都立大学 都市環境学部 環境応用化学科の特長

基礎科学を中心とし、応用化学、材料化学を身につける

基礎科学を中心としながらも、工学としての化学に軸足を置く応用化学、材料化学に関する教育と研究を行っています。特に、地球環境と共生しながら、有限な地球資源やエネルギーのもとで人類や社会が持続的に発展していくために必要となる化学を指向し、それに貢献できる資質をもった人材の育成が目的です。

環境と共生しながら人間社会が発展するために必要な知識や能力を身につける

カリキュラムの最大の特徴は「充実した基礎・専門教育」「学生の主体性を育成する問題発見・解決型教育」「世界を目指したグローバル教育」の3つです。物理化学系、無機化学・ナノテク系、有機化学系、エネルギー化学系、高分子・生命化学系、環境分析化学系、化学工学系の7分野がコア科目となります。

自ら問題を発見し解決する能力を養う『環境応用化学基礎ゼミナール』

主体的に授業へ参加するPBL型(対話型・課題発見解決型)授業を取り入れており、1年次にコース独自の基礎ゼミナールを行っています。キャリア教育、ライティング指導、化学英語教育、PBL形式の化学実験と論文課題など多彩な内容と自己評価により、卒業後の将来設計を明確にすると共に、主体的な学修習慣を身につけます。

第一線に立つ研究者として、21世紀を広い視野で拓いていく

本学科では3年間で博士課程を履修できるという新たな制度を作り、大学院への進学を奨励しています。その目的は、7年間で材料化学分野における知識を学び、物事を理解するだけでなく、実際に世の中に役立つモノを作り出すプロを育成すること。本学科では、学会発表や国際学会で口頭発表をし、活躍する学生もいます。

東京都立大学 都市環境学部 環境応用化学科の入試情報

入試一覧

東京都立大学 都市環境学部 環境応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アイカ工業、シンプレクス、ダイキン工業、デクセリアルズ

東京都立大学 都市環境学部 環境応用化学科の問合せ先

東京都立大学 都市環境学部 環境応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。