首都大学東京

  • 6,225人が検討中

政治学コース

東京

政治と行政を多角的に学び、公務員や社会人として活躍できるジェネラリストを養成。

初年度納入金 80.28 万円(東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

首都大学東京 法学部 法学科 政治学コース の特長

政治と行政を幅広い視点から学び、現代社会が抱える様々な課題に対応できる能力を養う

政治学コースでは、現代社会の政治と行政を理解する上で必要となる基本的な知識を身につけ、さらに関心のある専門分野を掘り下げて探究します。こうした学びを通して、地方自治体から国際社会に至るまでの様々なレベルにおいて必要となる学識と問題解決能力を養います。

問題関心や希望する進路に応じて段階的かつ柔軟な科目履修ができる

1年次から2年次にかけては、法学系の基礎科目ならびに政治学や行政学などを通して政治と行政の基礎を学びます。また、2年次以降では問題関心や希望する進路に応じて政治史、政治思想史、比較政治、国際政治などの専門科目を履修します。また経済経営学部の提供する経済学などを履修して公務員試験に備えることもできます。

充実した少人数教育が受けられる演習(ゼミ)

法学部では少人数教育を重視した多数の演習(ゼミ)を開講しています。特定のテーマに絞って実態調査や文献講読を行う中で、プレゼンテーション・ディスカッションの方法を学び、政治学についてのさらに深い知識を修得できます。演習は複数の受講が可能なので、教員や他の学生との交流も広がります。

学位の取得と多様な進路

政治学コースを卒業すると、学士(政治学)の学位が取得できます。また、卒業後は、公共政策大学院・法科大学院への進学、研究者大学院(本学の法学政治学専攻)への進学、国家公務員・地方公務員として官公庁への就職、マスコミや商社などの民間企業への就職と、多様な進路が開かれています。

現代社会の政治・行政の役割を理解し、柔軟な発想と多角的視野に基づき未来を切開く人材を養う

経済が急速にグローバル化し政治と行政も大きく変わろうとしています。それゆえ、行政や政治に携わる人はもちろん民間企業の意思決定を担う人にも様々な場面で的確な判断が求められています。政治学コースでは、その様な不確実な現代社会を生き抜くために必要な柔軟な発想と多角的な視野を政治学の研究を通して涵養します。

首都大学東京 法学部 法学科 政治学コースの入試情報

入試一覧

首都大学東京 法学部 法学科 政治学コースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:オリックス、キッセイ薬品工業、近畿日本ツーリスト、国際石油開発帝石、新日鉄住金ソリューションズ、スミセイ情報システム、大同生命保険、凸版印刷、日本郵船、日本郵便、長谷工コーポレーション、警視庁、埼玉県警察、自衛隊、総務省、東京都庁、東京都特別区、東京法務局、特許庁、横浜市役所

首都大学東京 法学部 法学科 政治学コースの問合せ先

首都大学東京 法学部 法学科 政治学コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。