大阪河崎リハビリテーション大学

  • 16人が検討中

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

リハビリテーション学部

大阪

小さな大学だからこそ出来る「大きな」事、少人数制教育で時代に合った医療人へ。

初年度納入金:185 万円(※教科書・白衣等の費用については別途必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
リハビリテーション学科 160

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部の特長

主要リハビリテーションとしての理学療法・作業療法・言語聴覚の3領域の療法士を育成

「理学療法学専攻」
理学療法は、ケガや病気により体に障がいを持った方や、障がいを持つことが予測される方に対し、「起き上がる・立ち上がる・歩く」などの基本的動作能力の回復や予防を目的として行われます。失った機能の回復と眠っている機能を覚醒させるのが理学療法士の仕事です。運動療法や物理療法を基礎として、内部障害学やスポーツ障害など専門分野の知識修得や臨床実習を通して、現場で必要とされる技能を身に付けます。

「作業療法学専攻」
作業療法は、「食べる・着替える・トイレが出来る」などの日常生活を支える身体機能の維持・改善を目的として行われます。「こころ」と「からだ」の両面から患者様を支え「自立した生活を送りたい」という意欲を引き出し、いきいきとした生活を送れるようにサポートすることが作業療法士の仕事です。身体障害・精神障害・高次脳機能障害などの専門分野の知識修得や臨床実習を通して、現場で必要とされる技能を身に付けます。

「言語聴覚学専攻」
言語聴覚療法は、「話す・聴く・飲み込む」などの口や耳に関する機能の維持・改善や小児発達障害に対する支援を目的として行われます。コミュニケーションを取る事や食べる事に障がいを持った方に、その人らしさを取り戻す治療を行うことが言語聴覚士の仕事です。失語高次脳機能障害や聴覚障害治療、嚥下障害などの専門科目や臨床実習を通し、現場で必要とされる技能を身に付けます。

河崎病院、水間病院などの関連施設とOB・OG会と連携。数多くの臨床経験を積む

リハビリテーションを学ぶ上で大切なのは、専門知識の修得と多くの臨床経験。本学では、徒歩圏内に地域の中核病院をはじめ、介護老人保健施設、特別養護老人ホームなど1000床を擁する関連施設があります。入学直後から臨床現場を体感し、職業観を養います。
【関連グループ】
医療法人 河崎会 水間病院、社会医療法人 河崎病院、介護老人福祉施設 水間ヶ丘、精神障害者社会復帰施設、介護老人保健施設 希望ヶ丘、介護老人保健施設 大阪緑ヶ丘

3つの専攻がお互いのことを理解し、学び合える環境

医療の進展・複雑化に伴い一人ひとりの患者様の生活にあわせた医療の提供が必要になってきました。そのためには多職種間で連携を図り、多方面の専門的な立場からケアを行う「チーム医療」が必要とされています。本学はリハビリテーションに不可欠な理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を養成する3つの専攻を置き、他の専攻との交流の中で「チーム医療」を実践する上で必要な“他職種への理解”を深め、卒業後にチーム医療が自然とこなせる環境を整えています。

関連施設とともに築き上げてきた実績で、就職希望者の就職率は100%!

グループはもちろん、設立以来地域に根差した活動のもと、信頼関係を築いた病院や福祉施設とのつながりが強いので、希望の分野や地域での就職が可能です。(就職希望者93名全員就職/2018年3月卒業生実績)

個別相談・個別指導によるフォローで、国家試験全員合格へ!

1年次から担任による定期的な個人面談や個別指導を行い、通常授業の段階から学修をフォロー。 個人に向き合った十人十色の指導を行います。3年次からは模擬試験を実施。模擬試験などの結果を分析し、個人単位で苦手分野を特定し、苦手を克服できるように教員がきめ細かな指導を行います。4年次には、国家試験に向けて全教員が一人ひとりの学生の指導を担当。個々の不安や悩みに対応し、自信を持って臨めるよう心理面も含めた指導を徹底しています。 さらに、カリキュラムとは別に国家試験集中対策講座など受験に向けて様々な取り組みを行い学生をサポートします。

園芸療法士資格取得も目指せる!

園芸療法とは障がいのある方の機能回復や症状改善を図るリハビリテーションの一種です。野菜や草花を育てることにより得られる感動を通して、患者様の意欲をかきたて心身の回復へとつなげて行きます。園芸療法で用いられる庭は「イネーブルガーデン」と呼ばれ“可能性を広げる庭”という意味を持っています。本学のイネーブルガーデンは甲子園球場の1.5倍以上の広さがあります。本学では全専攻の学生が園芸療法関連の授業を受けることができ、必要な単位を修得すれば理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の国家試験受験資格に加え、園芸療法士の資格が取得できます。

大学での学びの不安を解消するために入学前プログラムを実施

4年間にわたる勉強のスタートがスムーズに行えるように、入学前のプログラムとしてグループワークや専攻別の体験授業を実施しています。
※入学前プログラム対象者:AO・推薦・社会人入試合格者(一般入試は除く)

少人数制による行き届いたサポート

クラス担任制、チューター制度でマンツーマンの指導体制を整えています。少人数グループによる基礎ゼミや臨床ゼミによる学修で「問題点を探る」→「考える」→「解決する」という能力を養います。また、卒業後もスキルアップのための研修会や講演会などでサポートします。

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部の入試情報

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部の問合せ先

大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒597-0104 大阪府貝塚市水間158
072-446-7400 入試センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。