日本医療科学大学

  • 126人が検討中

理学療法学専攻

埼玉

思いやりの心と確かな技術を持ち、「考えることができ、創造できる」理学療法士を育成します

募集人数 80
初年度納入金 185.6 万円(入学金:30万円/授業料:80万円/その他諸経費:75万6000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 の特長

地域理学療法、チーム医療、スポーツ領域など、社会のニーズに対応できる理学療法士を育成

事故やケガおよび加齢による身体機能の低下の予防から回復までの機能的支援を行う理学療法士。急激な高齢化による超高齢社会を迎えてますます必要性が高まる地域社会での生活支援や、スポーツ領域での理学療法の活用、チーム医療についても学び、多様化する社会のニーズに対応できる理学療法士を育成します。

「患者さんに寄り添うようにサポートする理学療法士になりたい」

「高校時代、部活でケガをしたことがきっかけで初めてリハビリを知りました。施術後のリハビリ次第でその後の生活に大きな影響が出ると知り、やりがいのある仕事だと感じました。将来は患者さんに寄り添うようにサポートする理学療法士になりたいと思います。地元に戻り貢献したいという思いも芽生えてきました」(3年生)

充実した実習で確かな知識と技術を修得、医療人としてのマナーや教養を身につけます

医療人としてのマナーや教養、問題解決能力を養うことを基礎とし、充実した学内・臨床実習により確かな専門知識と技術を修得します。臨床心理や、スポーツ領域の科目も組まれており、他学科と合同履修する「チーム医療演習」では、他の医療職への理解を深め、コミュニケーション能力、協調性などを養います。

「大学での学びが、理学療法士としての自分の基盤になっています」

「大学病院で超急性期から回復期のリハビリを行っています。大学では現場での実践力となる知識や技術はもちろん、常に学び続ける姿勢やコミュニケーション力を培うことができ現在の自分の基盤となっています。これからも患者さんが前向きにリハビリに取り組めるよう患者さんの不安を取り除いていきたいです」(2014
年卒)

充実した実習機器、快適さを重視した食堂や図書館など、質の高い学修環境が確保されています

実習室には、様々な種類の杖や運動療法機器など一般的なリハビリテーション室と同等の機器や器具を備え、ヒトの動きを科学的に分析する三次元動作分析装置も完備。その他、オープンテラス付き食堂や、医療関連の専門書が充実している図書館に加え、2017年には体育館と学生会館も完成しました。

思いやりの心を持ち、患者さんのために「考えることができ、創造できる」理学療法士を育てます

理学療法士の対象は、精神的ストレスや身体に障害のある子どもから高齢者までの幅広い層の方々です。人の痛みや悲しみなどがわかり、思いやりを持って接することが求められます。医療人としての心と理学療法技術を併せ持ち、生活背景や障害が異なる患者さんのために「考えることができ、創造できる」理学療法士を育てます。

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:寿泉堂綜合病院、大原綜合病院、宇都宮記念病院、上尾中央総合病院、TMGあさか医療センター、川越リハビリテーション病院、リハビリテーション天草病院、埼玉石心会病院、彩の国東大宮メディカルセンター、秩父生協病院、埼玉西協同病院、所沢ロイヤル病院、イムス富士見総合病院、三郷中央総合病院、和光リハビリテーション病院、タムス浦安病院、千葉メディカルセンター、成田リハビリテーション病院、初台リハビリテーション病院、杉並リハビリテーション病院、ねりま健育会病院、横浜旭中央総合病院、座間総合病院、みどり野リハビリテーション病院、戸塚共立第2病院、JA長野厚生連鹿教湯三才山リハビリテーションセンター

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻の問合せ先

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276  
TEL 049-230-5003(広報課)
nyushi@nims.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。