日本医療科学大学

  • 129人が検討中

作業療法学専攻

埼玉

心身の障害や発達の障害に対応でき、医療・福祉・在宅まで支援できる作業療法士を育成します

募集人数 40
初年度納入金 185.6 万円(入学金:30万円/授業料:80万円/その他諸経費:75万6000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 の特長

心と身体の両面にアプローチし、クライアントのニーズに合わせた自立支援とQOL向上を目指します

作業療法は、障害のある方の自立支援と生活支援を行うため、心と身体の両面にアプローチします。機能訓練だけでなく、クライアントの状態や価値観、生活環境、嗜好などを見極め、最適な作業活動を選択して、ニーズに合わせた自立支援とQOL向上を達成し、医療・福祉・在宅まで支援できる作業療法士を育成します。

「人の気持ちを支えられるような作業療法士を目指して勉強中です」

「1年次の見学実習が印象的でした。老人福祉施設へ伺い簡単な自助具を作ってさしあげたら大変喜んでいただけました。その笑顔を見て心のつながりを持つことが一番のリハビリなのだと学びました。以前は身体のことに精通していればいいと考えていましたが、今は心も身体も支えられる作業療法士を目指しています」(2年生)

精神医学やチーム医療に加え、充実した臨床実習で体験的に学びます

本専攻の特色は、臨床実習が充実していることです。4年間を通して病院や施設で実習を行い、専門知識と技術を修得。「地域作業療法学」では、関連機関・施設で現場を実際に見学し、訪問作業療法や自宅指導、機器指導、機能評価、ご家族への介助法の指導などを体験的に学びます。精神医学やチーム医療についても学びます。

「チーム医療演習で学んだ知識と技術を活かし、患者さんをサポートしています」

「現在は回復期病棟で働いています。患者さんが病院生活から地域復帰できるよう、院内のスタッフと連携しながらチームでサポートしていますので、他職種の仕事を理解し、コミュニケーションを取りながら行動することが必要です。学生時代にチーム医療演習に力を入れて取り組んだことが、今に活かされています」(2014年卒)

充実した実習機器、快適さを重視した食堂や図書館など、質の高い学修環境が確保されています

日常動作訓練室には、入浴動作実習室、昇降キッチン、天井昇降式リフトなどが備えられています。陶芸・絵画・手芸室、発達障害実習室なども完備。その他、オープンテラス付き食堂や、医療関連の専門書が充実している図書館に加え、2017年には体育館と学生会館も完成しました。

大切なのは思いやりや共感の気持ち。QOL向上のために、責任を持って対応できる人材を育成します

作業療法士として何より大切なのは、思いやりや共感する気持ちです。日常生活や社会生活にある様々なバリアーを一つひとつ取り除き、自立的に生活できるように支援するためには、コミュニケーション能力も重要です。その人らしく生きるためには何が必要なのか、責任を持って対応できる作業療法士を育てます。

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:地域医療機能推進機構うつのみや病院、群馬病院(精神科)、埼玉セントラル病院、熊谷総合病院、あさひ病院(精神科)、圏央所沢病院、所沢ロイヤル病院、南飯能病院(精神科)、和光リハビリテーション病院、ねりま健育会病院、原宿リハビリテーション病院、横浜総合病院

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻の問合せ先

日本医療科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276
TEL 049-230-5003(広報課)
nyushi@nims.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。