医療検査学科

兵庫

検査・分析を通して、生命を支えるスペシャリストをめざす

募集人数 80
初年度納入金 180 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科の特長

人の役にたてる医療といのちの神秘に触れる生命科学を学ぶ

チーム医療の一員として社会に貢献できる「臨床検査技師」を目指し、基礎医学や最新の検査医学などの知識と確かな技術、そして医療に欠かせない“こころ”と“コミュニケーション能力”などを学びます。また、いのちの神秘に触れる分子細胞生物学や遺伝学などの生命科学についても学びます。

基礎科学から最先端の検査医学までを段階的に学び、幅広い教養と確かな専門性を身につける

生物や化学などの基礎科目から基礎医学・検査医学へと段階的に学習を発展させます。また、臨床検査をリードする人材となるために必要な、総合力・応用力・国際性なども高めます。患者さんから採取した細胞を顕微鏡で観察して、がん細胞を見つけ出す「細胞検査士」の養成カリキュラムがあるのも、本学の大きな特徴です。

これからの「臨床検査技師」に必要な、国際性やコミュニケーション能力を高める特色ある授業

「国際保健医療活動II(選択科目)」では、アメリカやネパールを訪問して現地の病院や大学などで研修し、日本と世界の医療保健制度について学びます。また「医療コミュニケーション演習」では、授業にロールプレイングなども取り入れて、患者さんや他の医療職との積極的なコミュニケーションを図れる力を養成します。

最先端の生命科学を医療に生かす~「遺伝子・染色体検査学実習」

遺伝子検査はヒトや病原体の遺伝子を検査の対象とする新しい分野の検査。病気の診断や病型分類に加え、オーダーメイド医療や予防医学での利用が新たに研究・開発されています。「遺伝子・染色体検査学実習」では、細胞からDNAやRNAを抽出し、病気の原因遺伝子をPCR法を駆使して解析します。

高い就職・進学率

臨床検査技師・医師・薬剤師の教員が多い本学は、50年に亘り、優秀な臨床検査技師を医療現場に多く送り出してきた歴史と実績があります。就職状況も良好で、医療施設(病院など)、検査センター、健診センター、医療関連企業、研究所、胚培養士、治験コーディネーター、大学院進学など幅広い進路があります。

「臨床検査技師」と「細胞検査士」のダブルライセンス取得も可能

全員が取得できる「臨床検査技師」の国家試験受験資格に加え、必要なカリキュラム(人数制限あり)を履修すると、がんの早期発見のスペシャリストである「細胞検査士」の受験資格も得られます。

神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科の入試情報

神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:神戸大学医学部附属病院、兵庫県立病院、赤穂市民病院、西脇市民病院、大和高田市立病院

神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科の問合せ先

神戸常盤大学 保健科学部 医療検査学科お問い合わせはこちらへ

〒653-0838 神戸市長田区大谷町2-6-2
TEL 078-611-1821(代)
nyushi@kobe-tokiwa.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。