秋田職業能力開発短期大学校

  • 7人が検討中

生産技術科

秋田

メカニカルエンジニアリングで産業界への貢献を目指す

募集人数:20

初年度納入金:55.92 万円(入校料16万9200円、年間授業料39万円。※その他、教科書・実習服等別途負担)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

秋田職業能力開発短期大学校 生産技術科の特長

メカニカルエンジニアリングで産業界への貢献を目指す

生産技術はあらゆる産業で不可欠な分野です。生産技術科では、ものづくりの基本となる機械・電気・制御などの基礎的な理論と加工技術を学びます。 3次元CAD/CAMなどを活用した設計情報の処理やコンピュータを駆使した加工機械の操作などの実習を通し、様々な製品づくりを中心としたカリキュラムで即戦力を養います。

機械設計、機械材料、機械加工、測定・制御の4分野から、機械エンジニアに必要なスキルを習得

材料の加工方法から製品検査までを意識した製図の方法やCADの基本操作、材料の種類と性質・使用用途などを学び、実験・実習を通じて理解を深めます。また、機械を製作するための工作法やNC旋盤などの最新加工機械の加工技術を学び、材料の測定方法や、自動化・システム化に対応するための機械や機器の制御方法も学びます。

起立支援機能付き車いすの設計製作

足腰に問題のある高齢者とその介助者にとって、外出を助けるツールである車いすを、双方がより使いやすいものとなるよう設計製作しています。構想から設計・部品発注・追加工・組立・検査の一連の流れを通し「ものづくり」のための技能・技術を習得すると同時に、チームワーク力・コミュニケーション力も身に付きます。

技能資格は自分の強みになる

高校では普通科でしたが、授業と実習の両方が充実しているので授業で出た疑問を実習で解消でき、理解を深めながら知識や技術を身に付けることができました。現在は技能検定に向けて日々課題に取り組んでいます。技能資格は自分の強みになるので合格できるよう頑張りたいです。

3DプリンタやNC旋盤、3次元測定器などを導入し、実践に即した設備環境で学べます

プラスチックを熱で溶かしノズルから射出、積層し、造形する3次元造形機(3Dプリンタ)や、1万分の1mmまで測れる3次元測定器など、実践に即した設備環境が充実。また、プログラミングにより丸物形状の工作物を自動的に加工するNC旋盤など、現在の生産ニーズである多種少量生産に適した自動工作機械など整備されています。

秋田職業能力開発短期大学校 生産技術科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)ミクニ、東光鉄工(株)、戸田精工(株)、(株)小滝電機製作所、(株)アキタ・アダマンド

秋田職業能力開発短期大学校 生産技術科の問合せ先

秋田職業能力開発短期大学校 生産技術科に関するお問い合わせはこちらへ

〒017-0805 秋田県大館市字扇田道下6-1
TEL:0186-42-5600(学務援助課)
E-mail:akita-collage03@jeed.or.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。