秋田職業能力開発短期大学校

  • 24人が検討中

電子情報技術科

秋田

ハードとソフトの技術の融合を目指す

募集人数:20

初年度納入金:55.92 万円(入校料16万9200円、年間授業料39万円。※その他、教科書・実習服等別途負担)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の特長

ハードとソフトの技術の融合を目指す

ディジタル家電や携帯情報端末に使用されている電子工学の基礎と応用を学びます。昨今のデジタル機器にはコンピュータが内蔵され、それを動かす膨大なソフトウェアが組み込まれています。このプログラム開発についても学び、開発現場さながらの最新鋭の設備で機器を設計、試作し実践的な知識・技術を習得します。

ハードウェア・ソフトウェア・通信ネットワークの3分野から、実践技術を身に付ける

ディジタル・アナログ電子回路を組み合わせた設計・実験・計測など電子機器製作に必要な技術、システムの設計・分析、プログラミング、データ構造・アルゴリズム、テスト手法などソフトウェア開発の技能・技術、移動体通信、インターネットなど通信ネットワークを活用するための技能・技術を身に付けます。

Webを活用した環境計測システム

温度や湿度等の環境データを、センサにより測定するデバイスを製作し、測定とデータ収集を自動化するシステムを開発しています。測定データの閲覧にはWebを活用しており、PCやスマホ等を使って、ネットワーク経由で簡単にデータを確認できます。また、環境に合わせて加湿器などを自動制御することも目指しています。

迷ったまま就職するよりも、興味のあった情報系を学んでみよう

迷ったまま就職するよりも、興味のあった情報系を学んでみようと思い、入校を決意しました。入校後、ソフトウェア関連の職種に就きたいという将来の目標ができ、またここで2年間学んだあと、応用課程へ進学したいと考えるようになり、現在は日々勉学に励んでいます。

ソフトウェア開発、電子回路設計、プログラム開発、筺体設計など様々な実習に最適な環境を整備

CADシステムで設計した電子回路を自作する電子機器組立て実習や、コンピュータ相互をネットワークに接続し、自ら開発した通信機器を接続するネットワーク実習なども行います。情報通信工学実習では、ネットワーク機器の設定や仕組みを実際の機器を操作し、ネットワーク社会を生き抜く実践的な技術を身に付けます。

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)アチカ、(株)アンフィニ、キャロルシステム仙台(株)、(株)光輪技研、(株)シンタ、(株)ゼファシステムズ、東光コンピュータ・サービス(株)、フジテック(株)、(株)ユメニティ

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の問合せ先

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科に関するお問い合わせはこちらへ

〒017-0805 秋田県大館市字扇田道下6-1
TEL:0186-42-5600(学務援助課)
E-mail:akita-college03@jeed.or.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。