仙台青葉学院短期大学

  • 89人が検討中

言語聴覚学科

宮城

東日本唯一の言語聴覚士養成短期大学で医療人としての教養とチーム医療を学ぶ!

募集人数:40

初年度納入金:165 万円(教科書・テキスト代、特別活動費など別途)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

仙台青葉学院短期大学 言語聴覚学科の特長

経験豊富な教員による専門的な授業で、高度な知識と技術を身につける

「言語聴覚士」は、さまざまなフィールドで幅広い年齢層の方の支援を行うため、栄養や口腔等、人間の発達段階に応じた知識が必要です。本学では現場の経験や、指導経験が豊富な教員が多数在籍。それぞれが専門的な視点で授業を行っています。臨床現場で求められるより専門性の高い知識を身につけられます。

実習前・実習中・実習後、さらに個別指導も実施する、充実の実習サポート体制

実習は、医療や福祉の現場で活躍する経験豊かな言語聴覚士の指導を受けながら実施します。また、専任教員が、実習前・実習中・ 実習後のすべての段階において、一人ひとりの状況に応じたアドバイスや指導を行い、全面的にバックアップします。

「言語聴覚士」 になるためには、国家試験での合格が必須。国家試験サポートも万全!

受験者全員合格に向け、スマホ・タブレットでの過去問題練習、小テストの実施、レベルに合わせた個別指導を継続的に実施。前身の仙台医療福祉専門学校 言語聴覚学科では開校以来毎年高い合格実績を残しています。

最適な学習環境を実現する、養成校ならではの施設と設備

さまざまな専門知識および技術を修得するための実習を行う設備機器を完備するなど、充実した学習環境が整えられています。 また、言語聴覚学科を設置する中央キャンパスはJR仙台駅、地下鉄仙台駅より徒歩約5分と大変通いやすい場所にあります。

2021年4月、東日本唯一となる言語聴覚士養成短期大学がスタート

現在、言語聴覚士の有資格者数は3万4,489人(2020年3月末現在)。病院や診療所の医療機関のほか、医療・福祉・介護・教育の分野で活躍しています。言語聴覚士が必要とされるフィールドが広がるとともに社会的ニーズも高まっています。2021年4月、仙台青葉学院短期大学は東日本唯一となる言語聴覚士養成短期大学となります。

仙台青葉学院短期大学 言語聴覚学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:病院、地域リハビリテーションセンター、老人保健施設、聴覚障害者(児) 施設、特別支援学級

仙台青葉学院短期大学 言語聴覚学科の問合せ先

仙台青葉学院短期大学 言語聴覚学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-7-22 2階
TEL 022-217-8885 (平日のみ) 仙台青葉学院短期大学 広報センター
E-mail/sg@seiyogakuin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。