港湾職業能力開発短期大学校 神戸校

  • 9人が検討中

港湾流通科

兵庫

進化し続ける港湾の物流。その業務に対応するための専門的な知識・技術を養成し、貿易実務のスペシャリストを目指す

募集人数:20

初年度納入金:55.92 万円(※その他、教科書・作業服、訓練生総合保険などが別途必要(2年間で約8万円))

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

港湾職業能力開発短期大学校 神戸校 港湾流通科の特長

貿易実務のスペシャリストを目指し、知識・技術を学ぶ

貿易実務のスペシャリストを育成することを目標に、貿易書類の作成や税関への輸出入許可取得などの通関業務、貨物輸送の手配や貨物の保管に関わることなど、港湾における貨物の流れをコントロールするための多様な技術を習得し、関係する企業の総合事務職としての就職を目指します。

専門技術だけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も身につける

貿易実務や通関業務に関わる総合事務職の育成を目指した専門科目だけでなく、カリキュラムに「職業社会概論」「キャリア形成概論」といった必須科目を設け、社会人として必要なスキル(自己理解、ビジネスマナー、コミュニケーション能力)を学ぶことで、自らが社会的・職業的に自立できるよう推進しています。

通関手続きの代行、税関への申請を行う通関士などとして、港湾物流に関連する仕事に従事

【主な仕事】●貿易事務:貿易書類の作成や税関からの輸出入許可取得(通関士)、貨物輸送の手配などを行う ●倉庫管理業務:貨物の保管方法の決定や保管時の品質管理、貨物配送の手配を行う ●ヤードプランナー:貨物を船に積む位置の計画、作業スケジュール計画、コンテナの管理を行う

港湾の現場で使用する専門のソフトウェアを導入。現場で即戦力となる技術を磨く

実際に港湾関係企業で使用されている専門のソフトウェアを導入しています。これらのソフトウェアを使って、通関手続きや船にコンテナを積む計画を立てるなど、即戦力となれる実習をおこなっています。

貿易や通関等の複雑な事務に対応できる専門技術を有するスペシャリストの育成を目指す

貿易の自由化、ビジネスのグローバル化により、国際間のモノの売買契約ルールや税関に関する輸出入の申告、港湾における貨物の流れをコントロールするための多様な技術を有するスペシャリストが求められています。港湾流通科では、貿易や通関における理論と実践技術、流通の情報処理技術に関する技能・技術を習得します。

港湾職業能力開発短期大学校 神戸校 港湾流通科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:インターナショナルエクスプレス(株)、(株)エス・ディ・ロジ、F-LINE(株)(旧:味の素物流(株))、五洋港運(株)、(一社)全日検、(株)日立物流西日本、(株)日新、早駒マリンサービス(株)

港湾職業能力開発短期大学校 神戸校 港湾流通科の問合せ先

港湾職業能力開発短期大学校 神戸校 港湾流通科に関するお問い合わせはこちらへ

〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島8-11-4
TEL:078-303-7326

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。