看護学科

岐阜

医療の発展や高齢社会の到来といった医療環境の変化に対応し、地域医療を通じて社会に貢献できる看護師を育成します

募集人数:80

初年度納入金:120 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

平成医療短期大学 看護学科の特長

実践的な教育を通して、チーム医療を学びます

医師や看護師、理学療法士、作業療法士などがチームを組んで行う「チーム医療」が主流の医療現場で活躍できる確かな知識と技能を身につけるため、1~2年次には人体や病気、ケアの方法など基礎的な知識を学び、2~3年次には専門科目群や臨地実習を通して、福祉や地域医療も含めた実践的看護について学びます。

セメスター制で集中して学び、オムニバス方式の授業で先進的で多彩な知識を身につけます

半年間ごとに集中して、効率よく学習できる「セメスター制」を導入しています。さらに、「基礎看護技術」などでは、科目内容の各分野を、専門の教員がそれぞれ担当して教える「オムニバス方式」を採用。このシステムにより、従来より高度で先進的な知識を、効果的にわかりやすく身につけることができるようになりました。

実務能力に優れた看護師を育成するため、臨床経験豊かな教員が指導します

現場において活躍できる実務能力に優れた看護師育成のため、豊富な臨床経験をもつ優秀な教員集団が、その経験に裏打ちされた生きた知識や技術を指導。特に重要な演習科目では、少人数指導を重視し、学生の主体的な学習活動を支援しながら、学生とともに学ぶという姿勢で未来の看護師育成に取り組んでいます。

1年次から、キャンパスに近い関連施設で、看護の現場を体験できます

未来の自分を常に身近に感じながら、初心を忘れずに学び続けることが夢の実現への近道です。本学科では、平野総合病院や岐阜リハビリテーションホームなど、隣接の関連施設で1年次から臨地実習を実施。患者さまとの触れあいを通して看護師の仕事を深く理解し、あなたの職業観をより鮮明にできるでしょう。

医療機関から生まれた学校

1993年から優秀な看護師を輩出し、地域医療に貢献してきた平成医療専門学院看護学科。その優れた看護師養成ノウハウを受け継いだ本学科は、2009年4月、施設設備や講師陣を拡充して短期大学としてスタートし、高度化する医療現場に適応できるより高い専門性と豊かな人間性を身につけた看護師育成に努めています。

看護師になる夢を、経済面からもしっかりバックアップ!

看護師になる夢を応援する各種奨学金制度を用意しています。
<1>特待奨学生/一般選抜合格者対象。第1学年の前期授業料(35万円)免除。
<2>総合型選抜特別奨学生/総合型選抜合格者対象。入学金の半額(10万円)免除。
<3>在学奨学生/在学生対象。次年の前期授業料(35万円)免除。
その他、誠広会による修学資金貸与等もあります。

平成医療短期大学 看護学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:平野総合病院、岐阜大学医学部附属病院、長良医療センター、岐阜県総合医療センター、岐阜市民病院、羽島市民病院、大垣市民病院(以上 岐阜)、一宮西病院、八事病院、江南厚生病院(以上 県外)

平成医療短期大学 看護学科の問合せ先

平成医療短期大学 看護学科に関するお問い合わせはこちらへ

〒501-1131 岐阜県岐阜市黒野180
TEL 058-234-3324
n.kouhou@heisei-iryou.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。