映画を通じ人間力を磨き、映像・演劇・メディア制作分野で自分を生かす人になる。

小規模な大学だからできる、ひとりひとりのキャラクターに合った学びのプランを用意しています。

日本映画大学を卒業した先輩のお仕事

  • 株式会社三和映材社・研修生として働く志田 有利さん

    映像カメラスタッフ
    志田 有利さん

前へ

プロカメラマンがどのように機材を扱っているのかがわかる!毎日が充実しています

株式会社三和映材社・研修生 として働く 志田 有利さん

株式会社三和映材社・研修生
志田 有利さん

映画やCM、ドラマを撮影するカメラマンチームのことを「撮影部」といいますが、現在私は、撮影部に機材をレンタルする会社で働いています。ここで、1年間「研修生」として働いたあとは、フリーランスとして撮影部に入り、勉強しながらさらに技術を磨いていく予定です。現在の仕事のやりがいは、成長している実感が日々得られること。常に機材を触っているので、基本的なことから細かい点まで学ぶことがとても多いんです。機材をレンタルする会社はほかにもありますが、当社は特別な機材もそろえていて種類が多く、最新のものもあるため、まさにいまの撮影現場で何がどのように使われているのかを知ることができてとても刺激になります。

日本映画大学の就職実績(2019年3月卒業生実績)

マスコミ・通信業界

OLM、東映宣伝部、ソニーPCL、シネマサウンドワークス、東映デジタルセンター、テレビマンユニオン、白川プロ、ジョーカーフィルムス、博報堂プロダクツ  ほか

日本映画大学の就職支援

実務に直結した授業で実践力が身につき、現場の体験ができます

本学の特長は、毎日の授業それ自体が、就職に直結していることです。創作系の教員は、全員が映画業界のプロフェッショナルです。実習では、演出の仕方、脚本の書き方、機材の使い方はもちろん、現場の回し方、プロデューサーとしての製作費管理、スケジュール調整や取材対象との交渉などの実務を学びます。その経験を経て、在学中からインターンシップやプロの現場に入って働いている学生も、少なくありません。また、配給や宣伝のような、映像コンテンツを人に届ける仕事についても、国際映画祭のディレクターや事務局にたずさわる教員たちが、授業内外で実践的なアドバイスをできる体制を万全に整えています。

日本映画大学の問合せ先

日本映画大学に関するお問い合わせはこちらへ

入試事務室

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:044-951-2511

日本映画大学のアクセス情報

新百合ヶ丘キャンパス

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 地図

最寄り駅:
「新百合ケ丘」駅北口徒歩 約1分

白山キャンパス

神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 地図

最寄り駅:
「新百合ケ丘」駅南口からバス 5分 「日本映画大学」前下車徒歩 1分

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。