ドキュメンタリーコース

神奈川

フィクションとノンフィクションの違いを探究し、人間を見据え、人間を描く力を身につけます。

初年度納入金 188 万円(入学金30万円、授業料100万円、実習費18万円、施設設備費40万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本映画大学 映画学部 映画学科 ドキュメンタリーコース の特長

キャメラを通じた人間との向き合い方、映像コミュニケーションの多様性を学びます

本学では、徹底して人間と向き合うことを重視。この理念からドキュメンタリーに注力し、独立したコースとして設けています。フィクションとノンフィクションの違いを確かめながら、メディアのあり方やジャーナリズムの役割について探究。キャメラを通じた人間との向き合い方、映像コミュニケーションの多様性を学びます。

ドキュメンタリーへの理解を深め、企画、主題設定、撮影などを実践的に学んでいきます

「ドキュメンタリー専門演習I」で、ドキュメンタリーについて理解を深め、基礎的な技術を修得。実景撮影の意図と撮影設計について実践的に学びます。「ドキュメンタリー専門演習II」では、企画を立案し、取材対象者へのアプローチ方法、主題の広がりなどを探究。また、他コースの学生と合同で行う作品制作もあります。

進路が自由に。じっくり選択できる教育システム

入学時より、映画の創作や研究に必要な基礎知識と技術を学び、それぞれの興味や将来の進路を見据えて授業を選択します。3年次からはコースに分かれ、専門性を高めていきます。コースごとに選択必修となる専門科目のほか、コース問わず選択できる専門科目を各自の関心に応じて履修します。

地方合宿で実践的にインタビュー撮影を行い、作品を制作する「合同制作B」

3年次前期の「合同制作B」は、地方合宿で未知の場所、未知の人々を取材対象とすることで、実践的にインタビュー撮影を学ぶ授業です。取材対象者がキャメラの存在を気にせずに話ができる、環境作りや人間関係作りを通じて、見る側の心を揺さぶる言葉を引き出します。その映像を編集して仕上げ、自らの課題を洗い出します。

4年間の集大成が「卒業制作」。コースを超えて映画を制作し、劇場で上映します

これまで修得したあらゆる知識と技術を総動員し、他コースの学生とチームを組み、合同で映画を制作します。さらに、出来上がった作品をどのように観客に届けるのか、「見せる」ためのプロセスを体験的に理解し、映画の広がりについて学びます。また、完成した作品は一般の劇場を使った上映会で公開します。

「映画の力」をさまざまな職種・業種で発揮。インターンシップも充実しています

映画・映像業界の特性に合ったキャリアサポートを展開。映画・映像業界は「まず足を踏み入れること」が重要なので、正規履修科目としてインターンシップを開講。現場で働く経験を積み、業界への就職へとつなげます。また、一般企業や官公庁も視野に入れ、「映画の力」を生かすキャリア形成をサポートしています。

日本映画大学 映画学部 映画学科 ドキュメンタリーコースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:OLM、東映宣伝部、ソニーPCL、シネマサウンドワークス、東映デジタルセンター、テレビマンユニオン、白川プロ、ジョーカーフィルムス、博報堂プロダクツ

日本映画大学 映画学部 映画学科 ドキュメンタリーコースの問合せ先

日本映画大学 映画学部 映画学科 ドキュメンタリーコースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
日本映画大学 入試事務室 TEL 044-951-2511(新百合ヶ丘キャンパス内)
info@eiga.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。