岩手保健医療大学

  • 17人が検討中

看護学科

岩手

地域に貢献する看護師・保健師を育成

募集人数 80
初年度納入金 175 万円(入学金、授業料、施設設備費、実験実習費 ※その他諸費用別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

岩手保健医療大学 看護学部 看護学科の特長

地域の病院や施設と協働した実習指導体制

1年次の前期から「早期体験実習」を行うことで、看護職が活躍している現場の特徴と、果たすべき役割の多様性を理解し、常に患者を意識した学修により実践力を高めます。“地域に根ざした大学”をキーワードに地域の病院や施設と協働した実習指導体制により地域の保健医療福祉に貢献できる看護実施者を育てます。

学生生活をより実り多いものにする「アドバイザー制度」

1、2年生を対象に、学生約10名を2名の教員が担当する「アドバイザー制度」を設けています。学生生活では、だれしも勉強や生活などで様々な悩みを抱えることがあります。自由に気兼ねなくアドバイザーに相談し、適切なアドバイスを受けることによって学生生活がより実り多いものになります。

デジタル教科書を導入。便利なタブレットで学修できる

いち早くデジタル教科書を導入。看護系のテキストはほぼ全てタブレット端末に入っています。持ち運びが容易で、画像や動画など視覚的に学ぶことができます。検索機能も便利です。国家試験問題集も入っているので試験勉強にも役立ちます。学内全域にWi-Fiも整備されているため、どこでも学修できます。

体験実習でさまざまなことを学び、経験を力に変える

【早期体験実習】1年生の5月に体験実習を実施しています。病院と施設の2ヵ所で行い、看護職が活動しているさまざまな現場の特徴と果たしている役割の多様性を理解します。
【地域看護学実習】全学生が履修します。地域看護活動の場である岩手県内の市町村の保健・福祉推進部門で実習し、地域看護活動の実際を学びます。

大学で看護を学ぶことの意味

看護師を目指す上で、専門学校ではなく大学を選んだのは、保健師や養護教諭など将来の道が開けると考えたからです。1年生の前期で学ぶ「看護学概論」は看護の全ての基礎。理論的に知識を得ることでその後の実践に役立つことを、実習を通して実感しました。1年生から実習があるため、座学で学んだことをすぐに習得できます。

JR盛岡駅から徒歩5分、好立地!快適な学習環境と最新設備で学びを深める

2017年4月に開学したばかりの明るい校舎なので、快適な学習環境と最新の設備で日々の学びを深められるだけでなく、自由に使用できるラウンジや、さまざまな書籍の揃っている図書館、校舎の外には体育館やグラウンドもあり、友人や教職員との交流スペースも充実しています。

岩手保健医療大学 看護学部 看護学科の問合せ先

岩手保健医療大学 看護学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-6-30
TEL 019-606-7030

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。