STUDY METHOD

気分が上がるけど、集中力が下がる?!気になるみんなの勉強中の音楽事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
気分が上がるけど、集中力が下がる?!気になるみんなの勉強中の音楽事情

音楽を聞きながら勉強をするとはかどるという人も多いと思います。しかし一方で、音楽を聞きながらの勉強は集中力が低下し勉強のパフォーマンスが上がらないといった意見もあり、どちらが正解なのか疑問に感じている受験生も多いでしょう。今回は、スタディサプリのコーチを対象に行ったアンケートの結果から、勉強中の音楽について考えていきたいと思います。

「音楽を聞いていた派」と「音楽を聞いていなかった派」のそれぞれの意見

アンケート結果によると「科目によっては聞いていた」「つねに聞いていた」という「音楽を聞いていた派」が、「一切音楽を聞いていなかった派」より多い結果になりました。それぞれの回答を詳細に見ていきましょう。

【音楽を聞いていた派】

暗記科目など知識をインプットする時は聞かず、数学など思考力を問われるものは、テンションを上げるために音楽を聞いていました。暗記科目でも、問題を解くなどのアウトプットの時はやる気を出すために好きな音楽を聞いたりしていました。そういう習慣が身についていたためか、音楽を聞き始めると、自然と勉強をはじめられるようになっていました。

「科目によっては聞いていた」と回答した人は、どんな科目で音楽を聞いていたのでしょうか。

・「数学は聞いていた」 ・「暗記系の勉強の際は集中のさまたげになるので聞かなかったが、(主に社会科目の)アウトプット系の問題を解く時はモチベーションを高めるために聞いていた」 ・「単語帳をつくったり、ノートに定規で線を引いたりするなどの一切頭を使わない単純作業の時は聞いていました」 ・「問題演習は音楽を聞きながらすることもあったが、暗記系の勉強する時は集中できなくなるので聞いていなかった」

「(問題を解くなど」知識をアウトプットする際に聞く」という意見が多くみられました。

ほかにも、「まわりの物音などが気になるため聞いていた」「勉強モードに入るために聞いていた」「応援ソングやテンポの早い曲など、この曲は勉強の時に聞く曲というものを決めていた」というように集中するために音楽を聞いていたという回答も多くみられました。

音楽を聞くと多少集中力は削がれますが、それ以上に勉強へのやる気が出るので、音楽を聞いてでも勉強したほうがいいと思い音楽を聞きながら勉強していました。

集中すると音楽が聞こえなくなり、気がついたら1.2時間くらい経っているので、集中モードになるまでに飽きないように音楽をかけていました。また、完全な無音だと逆にそわそわしてしまうため、なにか音があるところで勉強するか、音楽をかけていました。ただし、過去問演習のように、試験本番を想定している時は無音で取り組みました。

音楽を聞くことで集中力は落ちるが、モチベーションが高まるので、そちらを優先したという意見や、ふだん勉強中に音楽を聞いている人も、本番を想定した過去問演習の際は音楽を聞かないという意見がみられました。

試験中は音楽を聞けないので、普段音楽を聞きながら勉強している人も、試験前には音楽を聞かずに本番演習をして、音楽がなくとも集中したり、やる気を出せる準備をしておきましょう。

【音楽を聞いていなかった派】

反対に、勉強中に音楽を聞かない理由には「音楽に意識がいってしまう」、「気が散る」、「聞き入ってしまう」といった意見が多くみられました。

勉強をやり始める時に「重い腰を持ち上げるような感覚」になることもありました。そんな時に音楽を聞いて勉強のモチベーションを上げるのは悪くないと思います。しかし、私は音楽を聞くと勉強に集中できなくなってしまったので、勉強中に音楽は聞かないようにしていました。

勉強中に音楽を聞かない派でも、眠気覚ましや気分転換のために音楽を聞いている人は多いようです。また、今回の調査では、勉強中に音楽を聞くことを否定する人はいませんでした。

選曲も重要!勉強に合った楽曲の選び方

受験に成功したコーチたちは、勉強中にどんなジャンルの音楽を聞いていたのでしょうか。

日本語の歌詞はどうしても頭に入って勉強に集中できなくなってしまうので、あまり歌詞を覚えていない洋楽やインストルメントを聞いていました。

洋楽やインストルメントの楽曲を流すという回答が複数みられました。ほかのコーチたちの回答も見てみましょう。

・「曲に歌詞があるとそちらを意識してしまい勉強に集中できなくなってしまうので、好きなTVドラマのサウンドトラックなどを聞いていました」 ・「曲はその時の気分によって選んでいて、だいたいハイテンポなエレクトロをお供にしていました」

勉強中は歌詞のないインストルメントやサントラを聞いていたというコーチが多かったです。

勉強モードへと切り替えるため、必ず同じ曲を最初にかけてそこから勉強をはじめました。

「勉強をはじめる時はこの曲を聞く」と決めておくことで、勉強のモチベーションを保っていたというコーチもいました。

今回の調査では、勉強中に音楽を聞いていた人のほうが多いという結果になりました。勉強中のモチベーションアップや気分転換に音楽はうってつけです。とは言え、音楽を聞くことに夢中になり過ぎてしまわないよう、「はじめに聞く曲を決めておいて勉強モードに切り替えるきっかけにする」など、上手に勉強に採り入れるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。