STUDY METHOD

スタディサプリのコーチが実践!志望校に受かるノートのつくり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
スタディサプリのコーチが実践!志望校に受かるノートのつくり方

日ごろの自分のノートの使い方について、「本当にこの使い方でいいのかな?」と不安になることはありませんか? ノートの使い方ひとつで勉強の効率は変わってきます。そこで、今回はスタディサプリのコーチたちが受験生の時に使っていたおすすめのノートや、効果的なノートの活用術を教えてもらいました。

きれいなノートをつくるのが目的ではない 大事なのは記憶を定着させること

小学生の時からノートは使ってきたけれど、その多くは「板書を書き写すため」のものだったはず。よくよく考えてみると、自分で勉強するためのノートのつくり方・使い方は学校ではあまり教わりませんよね?そのため、自己流で「なんとなく」ノートを使っているという人が多いのではないでしょうか。

上手にノートをまとめたり、複数のノートを使い分けたりすることで受験勉強をスムーズに進めることができます。そこで、受験を乗りこえたコーチたちに「ノート術」についてアンケートを取ってみました。まず質問したのは、「受験勉強の時、どんなノートを使っていましたか」です。

回答を見てみると、普通のノート派と「ルーズリーフ派」に分かれました。ノート派の意見としては、「ドット入り罫線ノートを愛用していた」や「方眼ノートが使いやすい」という声がありました。ルーズリーフ派は、「とりあえずルーズリーフにメモを取って、後からバインダーにまとめるようにしていた」とのこと。それぞれにメリットがありますので、好みもあるかもしれません。

注目したいのは、いずれの派からも共通して出てきた次のような意見です。

ルーズリーフ派:
ノートはきれいに取るためのものではなく、記憶を定着させる手助けのためにつくっていました。

ノート派:
教科書を見れば同じことが書いてあるので、とにかく一度書いて記憶に落とし込むためにノートを取っていました。

受験勉強に「書いて覚える」を実行していたコーチが多かったようです。

学校ではノートは提出の必要もあるため「きれいな字で書くこと」「きれいにまとめること」などを重視していた人も多かったかもしれません。しかし、受験のためのノートは人に見せることが目的ではありません。コーチたちの回答を見てみるときれいにまとめることよりも、とにかく書く、自分のやってきた成果としてノートを残すなどを意識しているほうが多い印象でした。

勉強の内容ごとにノートを使い分けるアイデア

次に、「板書用ノートや模擬試験用ノート以外に、どんなノートをつくっていたか」についても尋ねてみました。すると、「間違いノート」や「勉強方法ノート」「まとめノート」などの回答が返ってきました。

英語の知らなかった単語や文法事項を書き留める「まとめノート」をつくっていました。授業などで知らないことが出てきたら、そのつどメモを取っていました。

問題集やテストで間違えた問題はすべて「間違いノート」に記録して、模擬試験の前に見返すのに使っていました。試して効果があった勉強方法は「勉強方法ノート」に記録して、勉強方法で迷った時に役立てていました。

自分が間違いやすい出題パターンをメモしておいたり、「これは覚えておかなくては」や「これは役立ちそう」と思ったことをメモしておいたりすると、後から見返す時に「大事なポイント」を要領よく見返すことができます。模擬試験の直前や試験中の休憩時間などの時間がない時に、簡単に振り返りができて重宝しそうです。

「受験勉強にノートは不要!」の意見も その理由とは?

コーチたちの回答のなかには、「ノートはつくっていなかった」という意見もありました。

「直しを見返す」以外のノートはつくっていませんでした。

数学などの公式をまとめるノートをつくったのですが、公式は一度覚えてからは振り返ることがなかったので、きれいにまとめる必要はなかったように思います。

ノートを取る目的として多く挙がったのは「後から見返して役立てる」ことでした。ですので、あとから見返すあてのないノートはそもそもつくらないというのも合理的な考え方なのかもしれません。「ノートを整えるより、ひとつでも多く解法を暗記しようとしていました」という意見もありました。

あなたは「ノートにせっせと書き込むこと」で勉強した気になっていませんか? きれいなノートをつくって満足していませんか?限られた勉強時間を有効に使うためにも、コーチたちの意見を参考に、自分なりのスマートなノート活用法を探してみてください。

受験勉強に「きれいなノート」は必要ないという意見が多く挙がりました。見栄えを気にするよりも、大切なのは中身です。「必要なことがコンパクトにまとめられていること」を重視しましょう。不要なノートは最初からつくらないという選択肢もありです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。