STUDY METHOD

勉強のやり方に迷ったら?スタディサプリのコーチに解決策に聞こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
勉強のやり方に迷ったら?スタディサプリのコーチに解決策に聞こう!

※2018年時点での情報です

「がんばって勉強したのに成果が出ない」「自分のやり方のなにがいけないんだろう」そんな壁にぶつかってしまったら、ぜひこの記事を読んでみてください。スタディサプリのコーチたちが経験した勉強の悩みと、その克服法をまとめました。きっと勉強のヒントになる答えが見つかるはずですよ。

勉強のやり方がわからない 多くの受験生が悩むのはこんな時

実は、コーチたちのなかにも勉強のやり方に悩んだ経験を持つ人がたくさんいます。

けっこう一生懸命にがんばって勉強したのに、模試で思うような結果が出なかった時に「今までの勉強のやり方ではダメだったのか」とショックを受けました。

原因はよくわからないけど、勉強しても理解できない、問題が解けないと感じることもありました。

やり方がわからない、というよりも、このままのやり方でいいのか、と思ったことのほうが多かったです。高3になって数学の点数がなかなか思ったように伸びなくなった時にそう思いました。

ほかにも、「浪人した時、今まで触れてこなかった数学を受験で使うことになったが、どこから手をつけていいのかわからなかった」、「小論文の書き方をしっかり教えてもらえなかった」などの体験談もありました。ひとりで勉強することに限界を感じ、多くの学生が「どうやって勉強するか」を悩んでいたようです。

どうして多くの学生が同じ「勉強法がわからない」という悩みを持つのでしょうか。勉強のやり方は、ほとんどの人が知りません。単語や公式や年号を暗記してみたり、とりあえずノートに重要そうな事柄をまとめてみたり、手あたり次第に問題集を解いてみたりして、手探りで勉強をしているケースが多いのです。丸暗記や自分流のやり方で結果が出せているうちはいいのですが、いったん結果が出なくなると、どこをどう改善すればいいかわからずに、悩んでしまうことになります。

今だからわかる、失敗だった勉強法とその理由

コーチたちも自分が勉強のやり方を知らないことに気づくまで、いろいろな試行錯誤をしてきました。やってみたけれど、「これは失敗だったな」という勉強法として、アンケートには次のような回答が挙がりました。参考になると思うので見てみましょう。

みんなが「いい!」といった勉強法や参考書を試したが、自分には合っていなかったのかあまり効果が出ませんでした。今の自分に必要なものか考えずに、まわりに流されてしまったのがよくなかったと思います。また、学力が上がらないことに焦ってしまい、本当のつまずきの原因(自分で考える力の不足)に気づけていなかったことも失敗の原因でした。

問題をきちんと考えずに、ひたすら答えを見て覚えることに集中してしまっていました。新しい問題を次々解いても、力がついていないと結局はできない問題が増えていくだけでした。

まだ知識が不十分なのに、焦って難度の高い実践系の問題集を使ってしまいました。結局ほとんど解けず、10問で投げ出してしまいました。

自分に合ったレベルのテキストや問題集で勉強することが大切なようです。また、教科ごとに効果的な勉強のやり方を最適化したり、苦手科目と得意科目で勉強時間の配分を変えたりなどの調整も必要です。

大事なことは、基礎の力をつけていきながら、徐々に難しい問題へとステップアップしていくことです。そして、「考え方のコツ」や「教科に合わせた勉強のやり方」を知ることも重要という意見が多くみられました。

自己流の勉強はほどほどに プロに勉強に教わるのが一番の近道?

では、「考え方のコツ」や「教科ごとの効率的な勉強法」はどうやって見つければいいのでしょうか。

予備校の講師5人くらいに相談して乗り越えました。自己流は一切せずに、講師に教えてもらったことだけをやるようにしました。

最初は参考書に頼っていましたが、なかなか解き方を一般化して自分のなかに落とし込めませんでした。志望校の大学生に1から考え方を教えてもらい克服できました。

ほかにも、合格者の体験記を読んだり、勉強のできる友だちの真似をしてみたりなどの方法もあると思います。ただし、まわりの人にアドバイスをもらう場合は、それがその人の自己流である可能性も高いので注意が必要です。できれば塾の講師など、勉強のコツを熟知している専門家に教えてもらうのが一番確実かもしれません。

勉強のやり方がわからないという悩みを持っている人は大勢います。大事なのは、そのことを自覚して、自己流に走らないことです。自己流にこだわっていると、いつまでも迷路から抜け出せなくなる可能性もあります。それぞれの教科ごとに、実績と経験のある勉強の専門家を見つけ、相談して手ほどきを受けるようにするのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。