STUDY METHOD

スマホが手放せない!上手にスマホを受験勉強に活用する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
スマホが手放せない!上手にスマホを受験勉強に活用する方法は?

私たちの生活に必要不可欠なスマートフォン。受験勉強の妨げになるということで、悪者扱いされることもしばしばありますが、スタディサプリのコーチたちは学習アプリを利用したり、学習の記録やスケジュール管理に使うなど、うまくスマートフォンを活用していた人も多いようです。そこで今回は、スタディサプリのコーチたちが実践していたスマートフォンの活用術を紹介します。

受験勉強に役立つスマホの機能とおすすめアプリ

一口にスマートフォンを勉強に活用すると言っても、その方法はさまざまです。まず、上手に使いたいスマートフォンの機能と、おすすめのアプリについて紹介します。

【機能制限を使う】

iPhoneの機能制限という機能を使っていました。パスワードを友だちに設定してもらい、safariやゲームアプリを使えないようにしていました。

ネットサーフィン、SNS、ゲームなど、スマートフォンは使い始めると夢中になってなかなかやめることができません。どうしても自分の意志でコントロールできないと感じた時は、スマートフォンの機能制限を使い、強制的にサービスを利用できなくするのもいいかもしれません。

【勉強系のアプリをインストールする】

スマートフォンの機能や使う時間を制限するほか、勉強用のアプリを活用していたコーチも多いようです。そのなかで、スタディサプリと共に人気が高かったのが、勉強時間を記録したりシェアしたりできる「スタディプラス」というアプリです。

私のおすすめアプリは『スタディプラス』です。勉強時間を記録したり、シェアしたりできるアプリで、同じ志望校の人や友だちをフォローすると、その人の勉強時間を見ることができます。とてもモチベーションが上がりました!

(iOS) https://itunes.apple.com/jp/app/studyplus/id505410049?mt=8
(Android) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyplus.android.app&hl=ja

そのほかにも、英単語や古文の単語帳系のアプリを使っていたという回答が多数寄せられました。アプリだけではなく、市販の単語帳やリスニング教材に付属しているCDをスマートフォンの音楽プレイヤーに入れて勉強中に聴くという人や、ラジオアプリで英語の放送を聴くといった人もいました。

【仲間とのコミュニケーション】

Twitterで全国の受験生とつながっていました。特に慶應大学SFC受験の時には、ネットワークをつくってアドバイスし合っていました。さらに現役のSFC生とも繋がり、対策などを聞いていました。

ひとりで机に向かっていると、どうしてもモチベーションが落ちてしまうときがあります。そんなときに、LINEやTwitterなどのSNSを使って友だちとはげまし合う、同じ志望校を目指す仲間と情報交換するといった回答も多くありました。受験生同士、ライバルでもありますが、同時に同じ目標に向かってがんばる仲間でもあります。

【英語のリスニング】

TEDというアプリで英語のプレゼンを聞いたり、Podcastで英語のニュースを聞いたりしてリスニングの練習をしていました。

(iOS) https://itunes.apple.com/jp/app/ted/id376183339?mt=8
(Android) https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ted.android&hl=ja

インターネット上で学術・芸術・エンジニアリングといった分野の専門家が行う講演会(カンファレンス)を動画配信しているTED。英語のリスニング対策としても有効活用できますが、講演はアカデミックな内容も多く他の教科の勉強にも役立ちます。

目からウロコの受験で役立つスマホ活用法とは

ふだん何気なく使っている機能を受験に活用する、基本で搭載されていてもふだんあまり使っていない機能を受験に役立てているといったコーチもいました。

黒板やホワイトボードの内容をカメラ機能で撮っていました。授業中にノートに書く作業をなくすことで、集中して内容を理解にすることができたと思います。

満員電車のなかで問題集を開くのが億劫だったので、スマホでノートや問題集の写真を撮っておき、移動中はそれを見て勉強していました。

多くのコーチが、時計機能やカメラ機能といったスマートフォンに標準搭載されている機能を、自分なりに工夫して上手に活用していくことで「無駄な時間をカットする」「自分に合った勉強環境をつくる」といったことを実現していたそうです。ふだんから使い慣れたツールだからこそできることかもしれません。

スマホ活用成功の鍵! スマホを利用する際のルールとは

便利な機能満載のスマートフォンですが、本格的に机に向かって問題を解く際は、やはり勉強の妨げになってしまいがちです。コーチの多くはスマートフォンの誘惑に負けないように自分なりのルールをつくっていたそうです。

携帯を解約してスマートフォンをWi-Fiがないと使えないようにし、いつもWi-Fiのないところで勉強するようにしていました。

スマートフォンの利用自体を禁止せず、物理的にWi-Fiのある環境でしか操作できなくしたり、「思いきって受験期のみスマホからガラケーに戻した」というコーチもいました。ここまでしないまでも、大半のコーチが「休憩の時以外は使わない」「勉強するときには手が届かない所にスマートフォンをおく」など、スマートフォンの利用について自分なりのルールを設けていたようです。スマートフォンで連絡が取れないと友だちとの人間関係が心配という人もいるでしょう。「休憩のとき以外スマートフォンで連絡が取れないと、事前に友だちに伝えておいた」というコーチもいました

コーチたちのように「スマートフォンだからこそ可能な勉強法を見つける」「使用制限のルールを設ける」など、自分の意志によってスマートフォンの利用をコントロールしていくことができるかどうかが、受験勉強にスマートフォンを活用していく際のポイントになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。