STUDY METHOD

受験勉強で不安や飽きを感じた時のアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
受験勉強で不安や飽きを感じた時のアドバイス

※2018年時点での情報です

受験日が近づくにつれて、「机に向かっていてもなんとなく不安を感じる」「勉強すること自体に飽きを感じてモチベーションが高まらない」といった状況に陥っている受験生も少なくないと思います。「となりの芝生は青い」ということわざがあるように、自分以外の受験生はみんな自信があるように思えたり、自分よりもはるかに勉強しているのではないかと感じたりすることもあるかもしれません。そこで今回は、受験勉強で感じた不安や飽きをどのように解決したのかをスタディサプリのコーチたちに教えてもらいました。

受験勉強で不安を感じたかどうか教えて

まずは、コーチたちに受験勉強で不安に感じたことはあるのかどうかを聞いてみました。アンケートの結果によると、「不安に感じた派」と「不安に感じなかった派」がいるようです。

不安を感じた派

一浪していたので「もう絶対失敗できない」という漠然とした不安がありました。また、大学受験に成功したことがなかったので「今やっている勉強で大丈夫なのか」という不安もありました。

過敏性腸症候群だったので、自分の胃腸の調子や受験期の花粉症も不安でした。

勉強から自身の体調まで、受験に不安はつきものなのかもしれません。自分自身の気持ちだけでなく、周囲の目が気になるという部分も少なからず存在しているように感じます。

不安を感じなかった派

不安は全く感じなかったという回答も複数ありました。不安を感じなかった理由はさまざまだと思います。不安については「もうここまできたらしょうがないと割り切った」という意見もありました。

勉強に飽きたことはありますか?

勉強をすること自体に飽きを感じたことがあるコーチもいるようです。こちらも「飽きたと感じた派」と「飽きたと感じなかった派」に意見が分かれました。

飽きたと感じた派

テストが4連続くらいあり、それを終えたあとは勉強に燃え尽きた感がでてしまい、その後の勉強時間がガクッと減ってしまいました。

ほかにも、「暗記ものに取り組んでいる時」や「同じ科目ばかり続けて解いている時」に飽きを感じたことがあったそうです。つい油断しがちな得意分野や、同じ作業の反復がメインになる暗記物では、すこしずつ難度を高めていったり、途中で別の教科をはさむなどして、適度に刺激を与えるといいでしょう。場所を変えることで、気持ちの切り替えをしていたという意見もありました。

飽きたと感じなかった派

飽きたと感じるほど勉強ばかりの生活ではなかったです。程よく息抜きをしたり、休憩を取れていたと思います。

まったく勉強に飽きがこなかったというコーチも複数いました。集中力をキープするためにも、適度な息抜きは効果的です。上手に気持ちを切り替えて、受験勉強にとりくんでください。

不安や飽きを感じないためのモチベーション維持の方法とは?

不安や飽きというのも感情のひとつです。無理に抑圧して押さえ込もうとしても、あまりいい結果につながりません。それどころか、逆効果になってしまうこともあります。不安や飽きを感じた時は、いったんその状況を受け入れて、原因を探してみることで効率化がはかれるかもしれません。たとえその場で原因を取り除けなくとも、自分の気持ちややる気を上手にコントロールするきっかけにしていくことが大切です。スタディサプリのコーチたちは、受験期間中にどんな対策をとっていたのか教えてもらいました。

受験仲間によく相談していました。また、飽きてしまった時や集中力が切れて眠くなった時にはすぐに寝るようにしていました。寝ると不安な気持ちが軽減されるらしいので、不安な気持ちで勉強に手がつかない時も同様に仮眠をとるようにしていました。

たとえば、「考えるのに疲れたら単純作業の暗記科目をやる」、「朝は頭が冴えているので数学をやる」など、自分のなかで勉強する教科ごとに役割をつくっていました。

不安を取り除くには学力を上げるしかないと思っていたので、とにかく勉強しました。また、そのために不安なことがあれば些細なことでも受験のプロである塾の講師に質問し、「これなら間違ってない!」という自信を持って勉強に取り組みました。

だれかに相談して話を聞いてもらうというのは、行き詰った時に試してみたい対策のひとつですね。不安や飽きといった感情には、少なからず身体的な疲れが関与しています。体調管理がうまくいっていないと、情緒不安定になりイライラすることも多くなるでしょう。睡眠をしっかりとって身体を休めることも、受験生にとって非常に重要なポイントです。また、その時の心理状態に合わせて、勉強する科目を変えていくというのも、すぐに実践できそうな方法ですね。不安や飽きは身体や心からのメッセージです。きちんと対策を取れば軽減できることも多いので、今回のアドバイスのなかからヒントになるものを見つけてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。